2005年10月02日

細胞で感じる

有名なうどん屋さんの位置を確認する為に朝の10時に出発。
今まであまり走ったことの無い方面だったので、長距離ドライブになることを覚悟して、
ガソリンは満タン、コンビニでお茶を買って出発した。

途中までは通勤に使っている道だったので何の新鮮味もないはずなんだけど、
これから遠くまで走るんや、と思ったら、いつもの道までなんだか違って見えた。

そしていよいよ未知のゾーンへ。
初めて通るわけではないけれど殆ど通ったことの無い道路。
少し緊張しながらも快調に進んだ。途中、一度だけ道を間違えたけど、
思っていたよりもあっさりと目的の店を発見。

その時点でまだ時間的に早かったのでもう少しドライブしようと思い、
目的を「越境」に変更。
もちろん国境を越えるわけではなく、徳島との県境をとりあえず越えよう、と。
東側から徳島に入るのは自分の車では初めて。

正真正銘、初めて運転する道のりだった。


しばらく走ると青い表示板に「徳島」と言う文字が見え始めたので、
「もうすぐかな〜」なんて思って走った。が、表示板に「徳島」が表れてからが長かった。
走っても走っても徳島は近づいてこない。

さぬき市を越え、東かがわ市を通り抜けるころ、やっと対向車の5台に3台くらいが
徳島ナンバーになってきた。
「いよいよ徳島か〜」というワクワクした気分と、「おいおい。ホンマに徳島やで。
ここからどうやって帰るねん…」と言う不安とが入り混じる。

そしてついに県境を越えて徳島に突入。
車の中で独りで「えっきょう!(越境)」って叫んだ。
めっちゃ気持ちよかった。でも次の瞬間、どこでUターンしようか…どこまで行こうか…
どうやって帰ろうか…と、急に不安になってきた。
そんなもん、その辺でUターンすればいいし、来た道を戻ればええわけやから
不安なことなんか一個も無いはずなんだけど。

とりあえず「徳島まで来てしまった」ってことで舞い上がってしまって、
急に不安に襲われた。そんな時、ステレオから聞こえてきた
THE YELLOW MONKEYの「FATHER」。



気絶するほど遠くまで来た

見た事もない景色に僕はクラクラさ

満ち足りてる とりあえず今は

異国の大空の下でRock’n Roll. I love you


さっきまでうしろにぴったりくっついていた大型トラックもいつのまにか居なくなってて、
対向車も不思議とゼロ。前にも後ろにも自分以外の車は居なくて、
左手にはいつも見てる瀬戸内海とは違った顔の海がぶわぁーっと広がってた。
まだその時間は天気が良くて、空と海と…視界は全部秋の水色だった。
さっきまで感じてた不安とかどこかへ行ってしまいめっちゃ気分良かった。

結局鳴門公園まで行ったんだけど、駐車場でお金を払うのがイヤで公園には寄らずに
Uターンして帰ってきた。

往復で5時間。家を出る時から帰るときまでずっとモンキーのベストと
ヨシイロビンソンのWHITE ROOMを聞いていた。
通勤時は相変わらず宝塚の芝居の音を聞きながら行っているので、
モンキーの曲を車で、しかもこんなに長い時間聞くのは久しぶりだった。

でもやっぱりいいね。

頭で理解する、とか、心に感じるとか、そういうのじゃなくてね、
もうね、理屈じゃないのよ。あの人の歌は。
真珠色の革命時代の前奏が流れたら鼻と目の奥がつーんとする感じとか、
JAMの前奏が流れたら胸のあたりのずっと奥の細胞の奥の方がぎゅっとなる感じとか。

血とか細胞とかで感じてる感じ。

trip.jpg gas.jpg


総走行距離は190.5キロ。出発する時に満タンにしたガソリンは半分になってた。
何も買わなかったし、車から一歩も降りなかったし、写真も一枚も撮らなかった。

ただ走っただけのドライブやったけど、とても楽しかった。

良い日曜日だったな。


posted by あーる at 21:11| 香川 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。