2007年03月05日

月夜に徒然

「極上の月夜」見ましたよ。
皆さん見ました?


宝塚の歴史、サヨナラ公演時の男役トップスターの挨拶映像、現役トップ3人へのインタビュー。
大きく分けるとこの三つの柱に、舞台の映像と、あとはゲストのコメントを挟みながら…
って感じの番組でした。

ゲストのまみ(真琴つばさ)ちゃん、かわいかったねー。
顔小さくてさぁ、足長くて、細くて。妖精さんみたいなのな。

まみさんが退団挨拶したときの映像。
泣きそうになってるまみさんの後ろでおんなじように泣きそうな顔してる
りか(紫吹淳)さんがかわいかった(笑)。

ところどころ流れる現役さんの映像の中で、花組の舞台映像、
今上演中の「明智小五郎の事件簿/TUXEDO JAZZ」だったね。
映像を見て昨日のことが蘇ったよ。
あやね(桜乃彩音さん)のピンクの羽根がめっちゃかわいかってん。
おさ(春野寿美礼)ちゃんの白黒の羽根も綺麗やったんよね〜。

ってことは、あれですかね、月組の映像は「パリの空よりも高く」だったのかな。
最近、月組さんを見てないので分かりませんでしたが…(汗)。
瀬奈さん・大空さん・霧矢さんの3人は結構映りまくってました。


現役トップへのインタビューということで、最初に出て来たのが雪組のちか(水夏希)ちゃん。
稽古場とか舞台の映像は後ろばっかり見てました。
うん。画面の端っこに0.3秒くらい映ってましたね、彩吹さん(笑)。
0.3秒でもいいんです。ユミコが普通のテレビ番組に映るのはワタシにとっては大事件なんです。

次に出てきたのが星組の瞳子(安蘭けい)ちゃん。
さすがにこのくらいの学年になると落ち着いてるね。
あの余裕たっぷりな感じがかっこいい。
それにしても瞳子ちゃん、綺麗だわ。
「男役」とか「役者」とかそういうんじゃなくてね、普通に大人の女性として綺麗でした。

最後に出てきたのがタニ(大和悠河さん)。
歌の映像が少なくてよかったね(笑)。
タニってずーっと大きい役をやってるから、逆にすごく下級生のイメージがあるけど、
彼女ももう今年で研13。いつの間にかそんな学年になってたんですね。
レポーターの人に「黒燕尾ってね…やっぱりかっこいいんですよ!」って
熱く話してたのがタニっぽくてかわいかったです。
あ、そういえば、宙組バージョンの「THE LAST PARTY」、映像で見たのは初めてかも。



宝塚のことを何とも思ってない人がこの番組を見てどう思ったか…
なんて全く想像がつかないですよ。
だって「宝塚のことを知らない人」の感覚なんてもう全然ワカランもん(笑)。
どう思ったんでしょう…興味ありますね。


「宝塚の番組」じゃなくていわゆる「普通のテレビ番組」に彼女たちが出てるのは
なんだか不思議な感じでした。でもやっぱり嬉しかったなー。
何がどう嬉しかったのか自分でも良くわかんないけど(笑)、
なんか嬉しかったです。


posted by あーる at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極上の月夜

本日、22:00〜22;54、日本テレビ系列で放送の「極上の月夜」。
今日が最終回らしいんですがね、その内容がね、凄いんですよ。



1914年の初演から93年間、人々を魅了し続け、
数々のスターを生み出してきた宝塚歌劇団。
中でも多くのファンのお目当ては、男役トップスター。
世の女性はなぜ"女性が演じる男役"に魅了されるのか!?
ゲツヨルはその宝塚歌劇団の秘密に迫るべく、独占取材を慣行!
宝塚歌劇団男役の魅力が明らかになる!




ということで、テーマは宝塚歌劇団。
とうこ(安蘭けい)ちゃん、ちか(水夏希)ちゃん、タニ(大和悠河さん)の
コメントかなんかも出るらしいっすよ。


見なきゃね、これは。
宝塚好きな人も、嫌いな人も、どっちでもいい人も。
とりあえず見ましょうよ(笑)。
posted by あーる at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴方が噛んだ小指が痛い

もちろん昨日の余韻に浸りながら1秒1秒を過ごしております、あーるでございます。
あぁ…いい芝居だったな…。
嫌いな人はとことん嫌いらしいですが、ワタシは好きですね、木村氏の作品。
極端な話が多いし、突っ込み所は満載だし、理解しにくい話も多いし、舞台は人口密度高いし。
万人受けするタイプじゃないのはわかってる。
でもやっぱり私は好きやなー。

木村氏の作品ってな、見た後に引っ掻き傷みたいな余韻が残るねん。

見てる最中や見た直後は夢中になってるから気がつかない。
次の日とか、その次の日とか…少し時間が経った頃にその傷がチクチク痛みだす。
痛いんだけどね、でもその痛みがあの時間の感覚を蘇らせてくれるから
痛みを感じているのに幸せやねん。
「痛いな……」って想いながら昨日の夢みたいな時間のことを思い出してんの。


今回も見れて良かったな。
posted by あーる at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。