2007年10月31日

クエスチョン

誰か病院に行かずに風邪を治す方法を教えてください。



…ちなみに、会社は日曜日まで休めません(T-T)
posted by あーる at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

今日は走れない。

ダメだ。

頭痛い。
喉痛い。
目ぇしぱしぱする。


しんどかったから久しぶりに5時ちょい過ぎに会社を出た。
ジムに行きたかったけど、今日はこのまま行っても走れないな、と思ったので、
今日はお休みすることにした。


今、風邪をこじらせたくないんですよ。
ちょっと長引いたらすぐ11月10日になっちゃうんで。
それまでには絶対、完璧な体調にしておきたいんで。

と、言うことなので、今日もはよ寝ます。


おやすみなさい。


posted by あーる at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

雑談つれづれ。

今日は朝からなんだかそわそわ。
「公演開始まであと○時間…」って思うたびにおセンチ気分になっておりました。
おささんもユミコも。花組さんも雪組さんも今頃は幸せいっぱいな気分を味わってるんだろうな〜。

おささん。花組さん。彩吹さん。雪組さん。
お疲れ様でした。

楽しい時間をありがとう。


***
今日の昼過ぎくらいからなんだか体調がおかしいです。
頭痛いし咳出るしなんだか熱っぽいし。
このところちゃんと仕事してるから疲れちゃったのかな。

このままだと熱出そう…はよ帰って寝たいな。

なんて思いつつ、ジム行って走ってきました。
やっぱ、こういう時って全然走れないのな。
10分で横っ腹が痛くなって、15分で走るのをストップ。
あとはひたすら歩いてしまいました。

風邪、拗らさないようにしないと。ヤバイな。


***
今日、県外の得意先の方が来られたんですよ。
ワタシも、もう4年以上今の会社に勤めてるので、そのお客さんとも電話ではよく話す。
でも県外のお客様なんでね、お目にかかるのは今日が初めてだったんですよ。
「いつもお世話になっておりますー。」なんて挨拶をして、その方に名刺を頂きました。

そしたらね、その人のお名前が「裕行」さんでして(笑)。
会社に居る、って状況と、声だけ知ってる人が目の前に居る、って状況と、
目に飛び込んできた「裕行」って文字が、一度に脳の中で処理できなくてちょっと混乱した(笑)。


裕行さん…か。
今頃何してるんだろな。


***
今日は床で転がらずに、ちゃんとお布団で寝ますー。

posted by あーる at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

「不滅の物語も終わりだ…」

明日は彩吹さん主演の「シルバー・ローズ・クロニクル」の東京公演千秋楽、
宝塚大劇場で花組さんが上演中の「アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー」の千秋楽。

ユミコ主演の公演が千秋楽を迎えるのは、もちろん感慨深い。
今回は3公演も見ることが出来たし、前にも書いたように思い入れのある公演やったからね。
でも今は花組さんのコトで頭がいっぱいや。
主演男役のおさ(春野寿美礼)さんにとって、宝塚大劇場最後の日やから。

ワタシが宝塚にハマった時から主演男役で、最後まで現役で居てくれたのが、このおささん。
振り返ってみると、月組公演がきっかけで宝塚を見始めて、花、宙、それ以外の組…と、
色んな組の作品を見るようになって、極端に一つの組にハマったり冷めたりを繰り返した4年弱。
そんな中でもコンスタントにずっと見続けてきたのが花組やねんな。
だから、ワタシの宝塚歌劇歴の中では一番付き合いが古いねん、おささんは。
(「付き合い」言うても一方的に見てるだけやけど)


あの人に次回公演が無いなんて、未だに実感が無い。
…し、実感したくない、っていうのが正直なところなんですが。


***
2003年花組のシアタードラマシティ公演で「不滅の棘」という作品がある。
今までワタシが見た作品の中でも特に好きな作品の一つやねんけど。

物語は父親に「永遠の命」を得る薬を飲まされた男の話。
名を変え、姿を変え、348年の時を生きてきたその男は、身体に起こる異変から
薬の効果が切れる日が近いことを感じる。
父が記した「薬の調合方」を納めた封筒を探す中で、男はある人物と関わる。

結局、最後の場面で男は封筒を手に入れるんだけど、「薬を得る」という選択肢を選ばず…
というお話。


最後の場面でね、おささん演じるエリイが
「もううんざりだ」
って言うねん。

そしたら他の人が
「どうして?」
ってエリイに訊ねる。

その問いに対してエリイは
「『どうして?』だと?!」
って哀しい顔で答えて、
「お前らに解ってたまるか。」
って言うわけさ。

「お前も、お前も、お前も…お前たちみんなだ!」
って声を荒げて、舞台上の登場人物を見回して、客席を見回して。
そして客席を指差して「お前ら」に向かってその想いを歌うねん。

その時のおささんの目がね、いつものおささんじゃないの。
いつも客席に向けてくれるおささんの綺麗な目じゃなくて、エリイが「お前ら」に向ける目。
憎しみ?怒り?腹立たしさ?哀しみ?…何ともいえない熱い目だった。
その瞬間にね、それまでただの傍観者だった客席が場面の当事者になって、
画面で見てるだけなのに不思議な緊張感に飲み込まれるんだよね。

初めて映像でこの作品を見てから3年近く経った今でも、最後の場面では胸が苦しくなる。
そして何度見てもいろいろ考えさせられる。
おささんの人を惹きつける存在感と、絶対的な力を持つ歌。
何って言うか…とにかく見事だった。

ただでさえ「好き」「嫌い」が激しく分かれる木村信司氏の作品。
その中でもかなり極端な作品やから、嫌いな人は嫌いかもしれない。
でも、ハマる人にはとことんハマると思うねん。
ワタシはもともと木村作品が好きって言うのもあるけど、この作品は特に好きやもん。
確かDVDで再販されてるはずなので、興味がある方はぜひ見て欲しいな。

***
あー…何度見送ってもやっぱり退団って寂しいな。
退団って「卒業」やからほんとは「おめでとうございます」って言わなあかんのやけど、
やっぱ、ワタシは、今はまだ「寂しい」って方が勝ってるかな。

でもあれだ、まだ、東京公演が残ってるしね。
まだ1ヶ月以上公演はあるわけで、今からおセンチ気分に浸ってたら
12月24日の退団の日までに頭がおかしくなるから(笑)。


明日、いいお天気で、温かくて、穏やかな一日になるといいな。
posted by あーる at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追いかけても追いかけても逃げてゆく月のように

いつもは目覚ましにしているケータイのタイマーを切り忘れるのに、
今週は珍しくちゃんと切って寝ました。
基本的にお休みの日でも一度目が覚めると二度寝が出来ないたちなので、
朝寝できるように昨日夜更かしもしました。


でも、今朝は6時前に猫に起こされました。


…日曜日なのに(T_T)



早起きしてしまった日曜日の朝。
何気なくネットの宝塚グッズ屋さんを見ていると、退団したたか(和央ようか)ちゃんの
ライブDVDの予約が始まってました(ちなみに発売日は11月7日)。
前のライブのDVDは買ったんだけどいまいちピンと来なかったので、
「今回は別にいいかな…」なんて思いながら予約してなかったんですよ。
でもね、今、収録曲を見たら1曲目に「バラ色の日々」ってあるじゃないですか!!!

「バラ色の日々」ってもしかしてあの「バラ色の日々」ですか?!
ワタシ、あの曲以外にこのタイトルの曲って知らないんですけど他にもあるんですか???

もし、たかちゃんがあの「バラ色の日々」を歌ってるんならそれだけでも聴きたいやん!!!。
歌ってるのを聴きたいってのもあるんだけど、彼女がこの曲を歌ったってコト自体がね、
なんか切ないっていうかなんっていうか。



どうしよう…ここんとこ宝塚アンさんでの散財が度を過ぎてる気がするんだけど。
欲しいなぁ。でも、買って、思ってた曲じゃなかったらヤだしなぁ。でも欲しいなぁ。

う〜ん…「バラ色の日々」って、ほんっと、どの「バラ色の日々」なんだろ。
posted by あーる at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

寄り過ぎ

チョロが椅子の上で寛いでました。
普段はカメラ嫌いやから全然こっち向いてくれないんだけど、
このときは寝ぼけてたせいかケータイを近づけてもずっとこっちを見てます。

どのくらい近くに寄れるか、いつまでじっとしていられるか実験してみました。


まず一枚目。
yori-1.jpg

「ん?」


もうちょっと寄っていい?


そして二枚目。
yori-2.jpg

「んー…」


さすがにちょっと嫌そうかな。


で、もう一枚。
三枚目。
yori-3.jpg

「あの…寄り過ぎ。」


目ぇそらすわけでもなく、逃げるわけでもなく。
今日は珍しく、どこまで寄ってもじっとしてました。

ねこがふかふかになる季節がやってきたねー!!!


posted by あーる at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 白血病のねこのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸術の秋ですね。

今日は午前中はお仕事、そのあと車屋さんに行ってリコール対象部分を診てもらい、
午後からは妹に頼まれたDVDをダビングしつつ、こないだ録画した宝塚を見てました。

1999年花組バウホール公演「ロミオとジュリエット'99」。
いや〜面白かった!。
景子せんせー(植田景子さん)バウの演出やると面白いのに、
大劇場やると何で………もにょもにょ………。


ま、それは人それぞれの好みがあると思うので、別にいいですが。


当たり前のことなんやけどね、「若い役」と「若い」って別なんやなーって思った。
ユミコ(彩吹真央さん)もちか(水夏希)ちゃんもめっちゃ若いやん。
芝居が真っ直ぐやから見てて気持ちがいいねんな。
今は経験を積んでいて「見せる技術」があるんだけど、当時は感じるままぶつけてる感じで。
素直で真っ直ぐやから、あんな哲学者みたいな難しい表現でも言葉が胸に届くんよね。

経験を積んだからこそ表現できる芝居ってあると思う。
だから今の芝居ももちろん好き。
でも、当時のガムシャラな芝居もいいなって思った。


作品の感想は多分、また、そのうち書くと思う。
書きたいことはいっぱいあるから。
でも、今、それを整理して言葉にするとこの感じが逃げてしまいそうやねん。
そやから、今はもうちょっとこの感じを味わうわ。


最近、立て続けにハマる芝居に出会えて幸せ。
何本見てもピンとくるのに出会えないときもあるのにねぇ。


芸術の秋、ばんざい。
posted by あーる at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

風邪に注意。

やっぱジムでシャワー浴びてから、髪をちゃんと乾かさずに帰ると寒いね。


遊ぶ予定が入ってないと油断してしまうからあかんわ。
出かける予定がないと、体調とかに気ぃ遣わんようになるんよねー。

注意せねば。
posted by あーる at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

真夜中の出来事。

昨日は残業して、そのあとジム行って2キロくらい走って、軽く筋トレして帰ってきて。
晩御飯食べたら睡魔に襲われて、そのまま床に転がって寝てしまい、気付いたら夜中0時過ぎ。

目ぇ覚めて、自分の部屋行って、お布団入って寝る前に書いたのがこの前の記事。
眠いの我慢して一生懸命書いたつもりだったんだけど、今読んでみると寝言だな(笑)。


何が書きたかったんだろ。思い出せねー。


さ。今週もあと1.5日。なんとか今週も無事に終わりそうやね。
明日と明後日も普通にがんばろー。
posted by あーる at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うっかり爆睡

ただでさえ仕事が忙しくて普段以上に疲れる時期なのに
そのうえジムに行くとさすがに堪えるな。
晩御飯が済んでから三日連続で爆睡。
床に転がって寝ちゃってて、気付いたら三日とも夜中でした。



駄目だ。眠い。脳が動かない。
えっと…何が書きたかったんだったっけ…。
いいや。もう寝よ。



おやすみなさい。
posted by あーる at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

頼むよ、WOWOW。

今日はWOWOWで「宝塚情報番組 宝塚プルミエール」の放送の日。
PCサイトには銀薔薇の情報とインタビューがあるって書いてたので楽しみにしてたんだけど、
今、ケータイサイトを見たらそんなことまったく書かれてないんですけど。


おいおい。
ワタシはその情報を糧に今週頑張ってんだぞ。
これで、めっちゃ楽しみにして帰って、銀薔薇ネタが無かったら暴れちゃうよ?

…いや…ほんまに暴れたりはせぇへんけど…。



***
昨日は銀薔薇東京公演の初日でしたね。
どうだったんだろ。ちゃんとウケたのかな(そこ心配するとこですか?)。

東京公演も無事に、楽しく終わるといいね〜。
posted by あーる at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

君は嘘の糸張りめぐらし 小さな世界全てだと思ってた




【X再始動PV撮影にファン1万人超】Sponichi Annex



http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/10/23/01.html


世に出てからずーっといろいろあった彼らですが、ついに彼らも再結成、再始動です。
「今さら再結成なんかしてもなぁ…お金無くなったのかな…。」なんて
この件に関しては斜めから見てた部分があるんですけど。

でも、実際にこういう記事を読んじゃうとやっぱり嬉しいね。
写真見て、ちょっとウルッときたよ。

これでhide兄居たら最高なのに。
悔しいな。


ま、でも、あのピンク頭の怪人さんが一番悔しがってるんだろうけど(笑)。


いいよ。hide兄。そこで見てなよ。
見てて、あいつらを守ってあげて。

posted by あーる at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

得意技は空元気。

休み明けの月曜日。

ただでさえ発注やら問い合わせの電話が多いのに、朝からFAXが送信も受信も出来ない。
しかも伝票発行するプリンタも動いてくれない。
しかも配送担当の男の子が1人休んでたから内勤の男の人が1人そっちに回ってて人が少ない。
しかも先輩は他の営業所に行っている。

FAXメーカーに問い合わせしつつ、本社にプリンタの問い合わせをしつつ、
電話で客の相手をしつつ、新人と後輩の様子もチェックしつつ…みたいな。


脳が沸きそうでしたよ。



でもね、どんなときでも最低限度の余裕はなくしちゃいけないな、って思いました。
余裕をなくしたら…特にね、職場で余裕をなくしたら、なんかみっともないからね。
目ぇ三角にして、ぶっきらぼうな口調で喋って、仕事出来ないヤツを叱り飛ばして。
そういうのってね、やっぱ、女の人がやってるのって見苦しいと思うんですよ。

だから、ウソでも空元気でも意地っ張りでもなんでもいいから、
最低限度の余裕はなくさないようにしようと思ったんです。
空元気も意地っ張りも得意やから。出来るよ、きっと。


さぁ。この想いがいつまで続くかな…(笑)。
じゃ、持って帰った仕事してくるわ。
posted by あーる at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

DC・小柳・彩吹

お休みの日は脳みそが元気だから。朝から書きますよ〜。
…っていうかもう昼前ですが。
「シルバー・ローズ・クロニクル」のコトを書きたいんです。
この作品に対する個人的な思い入れの話なんで、多分、皆さんはつまんないと思いますが。


今回の作品はね、ワタシにとってずっと待ってた3つの要素が一度にやって来た作品なんですよ。
キーワードは「シアタードラマシティ」「小柳奈穂子」「彩吹真央」。


【シアタードラマシティ】
今回上演された会場が梅田にある「シアタードラマシティ(DC)」。
座席数は898席(あ、こんなに入るんだ…もっと狭いと思ってた。)。
梅田芸術劇場の地下にある小ぶりな劇場です。

この小屋がね〜好きなんですよ。
この「場所」が好きやねん。
大好きな街大阪にあって、交通の便利も良くて、周りがぐちゃーっと賑やかで。
自分が生活していた街にある、っていうのも好きな理由かもしれない。

そして、劇場自体の雰囲気もかなり好き。
一般のお芝居もたくさんやってる劇場だから「芝居のなかの一つのジャンル」として
宝塚の作品を見られる感じがするから。
あと、今まで見たどの席でも音が良かったし、見やすかった。

それと、ここでやるくらいの規模のお芝居がワタシは好きみたいね。
大劇場でやってるのは「芝居」って感じじゃないし、バウホールは規模が小さいし。
もちろん大劇場もバウも好きなんだけど、この「メインホールよりもちょっと小ぶり」の
DCサイズのお芝居が一番好きみたい。

そやから今まで見たDCの作品は全部好き。
そんなに特別好きな役者さんじゃなくても、DCなら行ってみようかな、って気になる、
そんな場所なんです。


【小柳奈穂子】
ワタシが宝塚のことを全く知らずにたまたまTVで見かけたのが月組の大劇場公演。
それで宝塚に興味を持ち、何も知らずに「気になった役者さんが主演やってるみたいだから」
という理由だけで、初めて買ったのが「SLAPSTICK」のビデオでした。

2002年月組のバウホール公演。
当時「バウホールって何?」って状態で見たこの作品にガツンとハマっってね。
あれからDVDやビデオ、劇場も含めて多分100本以上見たけど、
今でも「一番好きな作品は?」って聞かれたら、この作品って答えるくらい好きなんです。
ちなみに、このブログのURLの「keystone」ってのもこの作品から来てるんですが。

「SLAPSTICK」で演出家デビューした小柳さん。
その後、2003年に彩吹さん主演の「NAKEDCITY」、2004年に貴城けいさん主演の
「アメリカン・パイ」と続けてバウ公演を書いてるんだけど、そのあとはずっとやってないねん。
ワタシが宝塚の知識をある程度得て、「この演出家の作品を見たい!」と思った時期からは、
ずっと新人公演の演出ばっかりやってるねんな。

この人が書いた作品なら誰が主演でも見たいのに…なんでやらないんだろ…って
何年も何年も待ってたところに、バウ飛び越してDC公演の演出ですよ。
こりゃ、テンション上がるなって言う方がムリでしょう!!!


この人の描く世界ってな「生きてる」ねん。
時間が終わらない気がするの。

「SLAPSTICK」は、最後、老いた登場人物が出てくるんだけど、
それでも今でもどこかで彼等がドタバタしながら映画を作ってるような気がするし、
「NAKEDCITY」のビリーもどこか外国の街で写真を撮ってるんじゃないか、
デイジーは今でもニコラを待ってるんじゃないか、って気がするし、
「アメリカン・パイ」のグランパはどっかの狭いライブハウスでリューのことを想いながら
歌ってるんだろうな、って気がするし。

芝居の中の時間が見終わった後も続いている感じがする。
だからこの人の作品は好きやねん。


【彩吹真央】
この人については、語るのは無理です。



…だって長くなるもん(笑)。


初めて生で見たのが2005年宝塚大劇場の「落陽のパレルモ/ASIAN WINDS」。
芝居の作品自体については何にも書きませんが、とにかく、彼女の芝居に惹かれたんですよ。
演じ方が丁寧っていうか表現が繊細っていうか…あんまり芝居に詳しくないから
偉そうなこと書けないんですけどね、彼女の役の作り方とか、表現の仕方が好きなんです。

それからは彼女の出てる作品、いっぱい見ました。
もちろん主演の作品は少ないけど、主演じゃない作品も、今まで見てた作品も、
もいっかいじっくり見直した。

じっくり見て…ますます好きになったね。

前にバウで主演やったのが2004年。
そろそろバウ主演とか無いかなぁ…と思ってたところに、これまたいきなりDC単独主演ですよ!!!
しかも演出家はあの小柳さん!!!。テンション上がるなって言う方がムリでしょう!!!。


***
よく「盆と正月がいっぺんに来た」って言うけれど、今回のことはワタシにとって
「盆と正月とクリスマスがいっぺんに来たんですけどどうしましょう!!!」
ってくらいの出来事でした。

「作品」っていろんなのがあって、見て考えさせられるものもあれば、
見たことを後悔するくらい凹むのもあるし、ただ単純に見たまんまを笑って終わるのもある。
ワタシはそのどれも好き。
心が動かされるっていうのはその方向性がどっちであれ、面白い経験やからね。

見ごたえあるがつーんっとクるのもいいけれど、この作品のようにほっこりしてて、
温かくて御伽噺みたいな芝居もいいな、って、改めて思った。

見終わった後に幸せな気分になれる作品って、いいね。
久々に感じる「会心の幸せ」でした。
こういう感覚が得られるから、観劇って辞められんよね。

これからもこういう経験、いっぱいしたいから。
色んな舞台をずっと見続けたいね。















…お金残んないけど(T_T)
posted by あーる at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと休憩を。

コンドルズの京都公演、今年は行かないことにしました。


今日からHPでの先行抽選予約の受付が始まったんだけど、
どのくらい出るのかと思ったら各公演20枚だとか。

これじゃ、かなりの倍率になる。

しかも、それに参加するには“何とか”っていう登録無料のシステムに登録しないといけない。

これもなんだか面倒だ。


一般発売は11月10日の土曜日。
こちらも多分、スゴい競争率になると思う。
でもこの日は早朝から仕事で大阪に行かないといけないから、
チケット争奪戦には朝から参戦できない。

きっと数秒で売り切れるだろうから、仕事が済んでからじゃ全然間に合わないだろうし。


結局、今の時点では当日券に並ぶしかチケットを手に入れる方法がないんだよね。
なんかね、万全の状態でチケット争奪戦に臨めないと思ったらシラケちゃって。
アートコンプレックスは魅力的な会場やし、夏の公演も面白かったからコンドルズを嫌いになったわけじゃない。
でも、今回はチケットがこんな感じなので、行かないことにするわ。









…っていうのはウソじゃない。
上に書いたことは、今回、行かないことに決めた理由であることは間違いないよ。
でもな、もう一個、正直なところを書かせてもらうならば…疲れてん。
いろいろ考えるのが。

裕行さんが居ないコンドルズを見るのは今でもさみしい。
でもコンドルズは好き。
でも、いろいろある…。

そのいろいろをふまえた上で、それでも「これからもあの人たちを見たい!」って思ったよ、
東京公演を見終わったときに。
でも今は、ちょっとだけ疲れた。
想ったり、考えたりするのに疲れてんな。
考えながら見るんじゃなくて、もっと感覚的に楽しみたいねん。
そして、見終わった後に、見たことや感じたことについていろいろ考えたりして楽しみたいから。


今回はお休みするだけ。
また、春とか夏には見に行くよ。
IMS、好きやし。東京へも、気分的に前より楽に行けるようになったから。


次にもっと楽しむために、ちょっとだけ休憩するわ。
posted by あーる at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンドルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

えっ…男役さんだったの?

ワタシが最近、電話で話すたびに「彩吹さんが可愛かった」という話をするもんだから、
某友人彩吹さんのことを娘役さんだと思ってたみたいですね。
今日の昼、「ユミコ、最近じじぃの役が続いててさー久しぶりの若者だったからそれが嬉しくて…」
って話をしていたら

「えっ。その人って男役さんだったの?!」

って言われました。


えぇ。そうです。彩吹さんは雪組二番手の男役さんです。
あ、ちなみに、「二番手」っつーのは読んで字のごとくトップの次の扱いです。
ショーの最後に一番でっかい羽根を背負って出てくるのが主演男役(いわゆる『トップ』)、
で、その次におっきい羽根を背負って出てくるのが二番手さんです、はい。

直リンク貼るのもあれだし、なんか恥ずかしいので(っていうか何故ワタシが照れる?)
ttp://kageki.hankyu.co.jp/star/snow/snow_07.html

こんな感じにしときます。オフィシャルに上がってる彩吹さんの微妙写真。
「フォトアルバム」ってとこの「2」の写真がヒゲユミコです。

で、こないだの銀薔薇の怪奇オタクの記事が↓これ。
sponichi.co.jp/osaka/ente/takarazuka/backnumber/071006/takarazuka.html
(↑頭にhttp://www.を付けてください)
スポニチさん、ありがとう。
そして毎回一言多いあんたの記事、意外に嫌いじゃないですよ。


銀薔薇の話題が出たところで、私が見た回のユミコとかなめ(凰稀かなめ)くんの出会いの場面の
セリフのことを書いておきましょうか。
主役のエリオット(ゆみこ)とお兄さんヴァンパイアのクリストファー(かなめクン)が
出会った場面で、かなめクンがユミコに発するセリフが毎回違ってました。


【10月7日夜公演】
「お前のその髪型、いいな」(ちょっと無愛想な感じで)

【10月14日昼公演】
「お前…仔犬みたいで可愛いな!」(にこっと笑って)

【10月14日夜公演】
「お前…そのシャツの出し方、お洒落だな!」(超笑顔で)
(「かっこいいな」だった気もするし、「いいな」だった気もするんですが…)


10月14日夜公演のときにシャツの出し方を褒められたユミコは、
片方だけしか出てなかったシャツを慌ててもう片方も引っ張り出してました。
それがまためっちゃかわいかったんですってば〜〜〜〜。

雪組トップの水さんは本の中のコーナーで「ユミコを動物に例えると?」という質問に
「犬。種類は豆柴。」
と答えてましたが、まさにそんな感じでしたね(笑)。


ワタシね、芝居は「芝居」として見たいんですよ。
あんまり役者に感情移入しすぎると作品を作品として見られないじゃないですか。
それって役者さんにも失礼な気がするんですよね。
だから、どんなに好きでも嫌いでも、作品を「作品」として見る理性は常に持っていたい、
って思ってるんですよ。

でもね、このときはそんな理性、ぶっ飛びました。
ずーーーーーーっとユミコばっかり見てたもん(笑)。
こんなに普通じゃない状態で観劇したのはタカハナ退団公演以来じゃないかな。
あの時はまた違った意味で感情的になってたからなぁ。


幸せの余韻、まだまだ継続中です。
来週はWOWOWでプルミエールがあるからね。
その中で銀薔薇の様子も出るみたいだから。めっちゃ楽しみ。

そのワクワクだけで水曜日まで頑張れるわ。
posted by あーる at 17:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

ねむねむねむ…

ねむーい。

やっと一週間が終わったねぇ。
…ワタシは明日も半日仕事やけど。


とにかく今週は疲れた!。眠い!!
posted by あーる at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

隙あり。

昨日から内勤者が1人会社を留守にしているので、朝から晩までバタバタしております。
が、来月初めからは先輩が産休にはいるので人の質が下がってこの人数になります。


…笑えん冗談や。
悪夢やわ、ほんま。


さて、昨日。
朝から電話やらFAXやら店頭に来る客の対応やらに追われて、
自分のやりたかった仕事が半分も出来ていない状態で迎えた夕方4時頃のこと。
西日が差してきて暑かったのでブラインドを閉めようと思って席を立ちました。



事務所の入り口のところまで行きました。

5センチくらいの段差に足をとられました。

足首と膝をグリッとやりました。

(T_T)



別にね、その日、その時に突然現れた段差じゃないんですよ。
今の事務所になってもう2年くらい経つんですよ。
確かに、初めて事務所に来る人はたまにつまづいたりする人も居ますけどね、
私は毎日何度もそこを通って生活してるわけですよ。
今さら足をとられるような障害物じゃないし、
このときも段差があることはちゃんと認識してたんですよ。


昨日はほんのり違和感を感じるだけだった足首と膝ですが、今日は確かに痛いです。
歩けないほどじゃないですけどね。


皆さん、油断は大敵ですよ。
住み慣れた場所でも気ィつけて生活しないと。



あー…足、痛ぇ…。
posted by あーる at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

笑顔はお互い様。

はい。今日は久しぶりに早起きしてネットでございます。


えー…仕事の方がヤバイ。
いろいろ状況が変わって、土曜日どころか日曜日も拘束されそうな勢いです。
12月のコンドルズ京都が微妙になってきた。
なんとか23日の日曜日だけは死守せねば。


さて。
今日はシアター・ドラマシティで上演中の雪組「シルバー・ローズ・クロニクル」の千秋楽やね。

こないだの日曜日、夜公演での挨拶で「皆さんの笑顔と拍手があるから頑張れます」
みたいなことを言っていた彩吹さんですが…それはこっちもおんなじですよ。
ユミコがにこにこして、ほんとに楽しそうに舞台をやっているのを見てると
こっちまでニコニコな気分になるもん。
彼女たちが、一生懸命、誠実に芝居をやっているのが伝わってくるから、
見てるこっちの胸を打つし、自分も頑張らなきゃ、って思えるわけで。


仕事がこんな状況になってもあまりダメージを受けてないのは、
最近見た雪組さんと花組さんのおかげであるのは間違いない。
普通だったら再起不能状態に凹んでるはずやから。


だからね、笑顔から力を貰っているのはお互い様なんですよ。


雪組DC組の皆さん。お疲れ様でした。楽しい舞台をありがとう。
彩吹さんが「最後まで進化し続けたいと思う」みたいなことを言ってましたが
進化し続けた「シルバー・ローズ・クロニクル」を、日本青年館で待っている皆さんに
届けられるといいね。

「見たい…」とオスカルの肖像画を見たいアンドレくらいの勢いで、見られない千秋楽公演に
思いを馳せつつ(笑)千秋楽公演が最高の状態で終えられることを祈ってます!
posted by あーる at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

俺、参上!

071016_194929.jpg

ねこイマジン!
posted by あーる at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。