2008年08月31日

終了。

普通の千秋楽ってこんなもんなの?ってくらいあっさりと終わった京都千秋楽。

一幕で激しく盛り上がったほど二幕は盛り上がんなかったかなー。


でも良かったよ。龍馬の最期があんな感じで。
結局、愛し合った相手に斬られて勝ち逃げやんか。
馬鹿みたいに斬られてさ。龍馬らしいよ。
つか氏が書く「龍馬」って奴は愛おしい人だね、まったく。



面白かった。
けど、これは一回でいいや。




それにしてもマミさんはかっこよかった。
カーテンコールも赤のドレスじゃなくて黒の革ジャンで見たかったなーというのはファンの我が儘かしら。
posted by あーる at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一幕、終了。

マミさんめっちゃかっこいい。
今まで生で見た宝塚の人で一番かも。



一幕だけで泣きすぎてくたくたなのに、このあと二幕見たらどうなってしまうんやろ。



めちゃくちゃな話やけど、やっぱこの物語、好きやわ。
posted by あーる at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早過ぎ

小屋入ってパンフ買ってあらすじ読んだだけで泣けてきたぜチクショウ。
posted by あーる at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すぎ!

環状線、混みすぎ!
京橋駅、懐かしすぎ!!
京阪特急の車両、豪華すぎ!!!



無くしたと思っていた新幹線の指定席券が、降りるときになって発見されたというオチは要らない。
ええもん。自由席に普通に座れたもん。



もうすぐ南座だ。
posted by あーる at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探し物はなんですか

新幹線の指定席券無くしたー(泣)
posted by あーる at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も早起き

たいてい、決算処理が一段落したころに旅に出る。
「旅」って言っても、いつもの観劇なんだけど。


今年はしょっちゅう出掛けてるから、改めて「決算明けの旅」って感じではないけれど、それでもやっぱりいつもの旅とは違う。
この遠出で時間に追われてる感覚と脳味噌を一回リセットする感じかな。


今年の決算は例年よりも楽だったとは言え、やっぱそれなりに気が張ってたんだろうなぁ。



今日は「沖田総司が女だった」って芝居を見てきます。
初めての場所、初めての役者さん、であります。
そして私にとっての初がこの芝居の千秋楽。
どんな芝居が見られるのか…。
今年に入ってから見た芝居のほとんどが二回以上見ているので、一回しか見られないっていうのが結構ドキドキする。
も一回見られるから…って甘えてられないから、緊張するね。


一部の報道では所謂そういう場面ばっかり話題になってますが、元々、私にとっては映画で見たときから好きな作品だったから。
惑わされずにちゃんと見てくるよ。
posted by あーる at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

一途なのです

you tubeでこんなの見つけた。





【携帯にヤキモチを焼く猫】
posted by あーる at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呼吸

「JFK」雪組 1995年上演作品
作・演出 小池修一郎



随分前に録画したのを見た。
結構知ってる人は出てるのに、芝居が始まってかなりの時間が経っても感情移入できなかった。

冒頭からすぐに芝居に入り込めるので小池氏の芝居は嫌いじゃない。
でも今回のはなかなか入れなかった。
場面と時間が短時間で展開しすぎて、それぞれの人物に感情移入する間が無かったって感じ。

そりゃ13年も前の作品やもん。
今の小池氏の演出と同じように比べられへんのは当たり前か。


当時、この作品がどういう評価だったのかは知らないけど、宝塚歌劇団だって自信のない作品はやらせないだろうからね。
でも、当時の最高の芝居でも、今見るとワタシは物足りない気がした。


芝居でも何でも、やっぱ時代と一緒に呼吸してないとあかんな、って思った。
きっと、今、ワタシが夢中になって見てる作品も、今から13年経てば「退屈な作品」になるんだろうね。




…なんていいつつ、最後の最後では泣きましたけどねー。


誰もが知ってる結末。誰もが知ってる最期。
オープンカーに乗ってのパレードの場面は実際に描かれていない。
みんなが知っているからあの場面は必要無かってん。
彼が死んで悲しみに耐えている人たちの姿だけで、その衝撃は充分伝わってきて、ワタシも悲しくなった。

志半ばで倒れた彼は無念だったろうなぁ。



人が行動する動機って色々で、例えばお金の為、とか、保身の為、とか。
何か目的があって、計算で動くこともある。
でも、その根本には絶対に「感情」が存在していて、だから、人間って面白いなぁ、と思ったのでした。


どーだ。何言ってるかわかんないだろー。わはは。


ええやん。
たまにはこういう意味不明なのも許してくださいませー。
posted by あーる at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

「俺は何も頑張ろうとは思わない」 by てる

今年もようやく決算処理が終わり「あー…夏が終わったなー」という感じです。
今回は多少の問題はあったけど、それでも、例年に比べると随分楽でしたわ。

とりあえずデータの提出はしたから。
これからは本社からのダメ出し電話に怯える日々でございます。


さて。
ここ数日、なんだかヅカ方面が忙しいのです(←勝手にワタシが忙しいだけ)



【AQUA5 セカンドシングル発売】

雪組戦隊男役ユニット「AQUA5」のセカンドシングルが8月27日に発売されました。
タイトルは「AQUA FEEL AQUA SOUL」。
シングル1曲にカップリング2曲、プラスそれぞれのカラオケがついて1500円、
初回限定版はこれに特典DVDがついて3300円。
例の如くぼったくり気味な気がするのはご愛嬌。

レコーディング初日の映像で、芝居のセリフの話題になったとき、
てる(凰稀かなめ)ちゃんが「凍てついた明日」のクライドのセリフを言ったのがかっこよかった。



「俺は何も頑張ろうとは思わない。」



素顔でさらっとあれはずるいよ〜。かっこよすぎるやんか。
無邪気に静かに笑いながらあのセリフ。
たった3回しか見てないけど、一瞬でてるちゃんのクライドが蘇ったよ。

ユミコ(彩吹真央)氏は、痩せすぎてはいないんだけど目の下真っ黒。
疲れてるのか眠いのか…。
とりあえず、レコーディングなんかしてないで休んでください。

きむ(音月桂さん)は確かあの時、全国ツアーでオスカルをやってたんだよね。
そのせいか、いつもより女性っぽい雰囲気だった。

ひろみ(彩那音)ちゃんは妖しさ倍増キャンペーン実施中って感じ?
ニコニコしててかわいいのに、時々ドキッとするほど妖しい表情するのな。

ちか(水夏希)ちゃん。
歌…上手くなったなぁ…(しみじみ)。
2曲目なんかほんっと高音が綺麗やもん。



【明石家さんちゃんねる(TBS)宝塚ロケ】

明石家さんちゃんねるの皆さんが宝塚大劇場&教室でロケ。
現在公演中の雪組メンバーとギリギリトークを展開。


いつも、現役さんがテレビに出ても当たり障りのないことしか喋らないんだけど、今回は結構ギリギリのところまで喋ってくれたんじゃないでしょうか。


下級生の子が「音楽学校時代に寝坊をして朝の掃除に遅れた」というエピソードを話したときのこと。
さんちゃんねるの皆さんは「へぇ。あ、そう。」みたいな雰囲気だったのに、ジェンヌさんたちは明らかに空気が凍り付いていた

普通の人にとっては、ただの遅刻。
「ごめんなさい」って謝ったら済む話かもしれないけれど、音楽学校ではそうはいかない(はず)。
「掃除時間に遅刻」の受け取り方が、さんちゃんねるの皆さんとジェンヌさんとでまったく違ってたのが印象的だった。


ジェンヌ的「だるまさんがころんだ」はもっと見たかったな。
右端二人が申し合わせたようにポーズとってたのが面白かった。
さっすが同期。息ぴったりですね、きむさん、となみ(白羽ゆり)さん。



【宝塚歌劇公演ラインアップ 発表】

きむ、バウ&東京特別公演、主演決定おめでと〜〜〜!!!
同時期にDCもあるんだよなー。
忙しいじゃねぇかこのやろ〜(超笑顔で)。
どっちも見られたらいいなぁ。どっちも見たいなぁ。


その他の公演に関しては多くを語らない方向で。
手放しで嬉しがることもないし、かといって、気分を害したと言うわけでもない、と言う感じでしょうか。



【やっぱこの人、面白い】

右印良品

貴羽右京さま

宝塚歌劇団花組→宙組を経て2007年に退団。
そして今は虎組の活躍を心から楽しんでいるこの方。
今日は巨人戦。しかも1回からいい感じで得点を重ねてるのでご機嫌で見てるのかな。


虎組さんよ。
あんたたちが負けると右京さんがパピコを食べすぎて身体壊すから。
あんまり負けないようにね。

9月1日からのサンテレビさんでのケータイコラム。
楽しみにしてます!!!


***
以上。ヅカネタ徒然でした。
久しぶりに好き勝手に書いて楽しかったー!!!

posted by あーる at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

やっぱり落とし穴

今年の夏の決算は楽だわ〜〜〜♪



なんて思っていたら、締め切り3日前になって問題発覚。
しかも当月の取引件数たった4行の仕入先。


まさかこんなところに落とし穴があると思わなかったYo!┐(´д`)┌


色々調べてみるとうちの会社にあまり否がないことが発覚。

でも相手にも迷惑をかけるので、電話をかけてまずは謝ってみた。
とても丁寧に。とても謙虚に。とても気持ちを込めて喋った。

相手に伝わらない。相手が調子にのって強気に出てきた。

しばらく耐えた。何度か耐えた。

相手の態度、変わらず。

ぷちん(←堪忍袋の緒が切れた音)

丁寧に、礼儀正しく反撃。
物の道理を静かに説明。

相手、徐々に状況を飲み込み始める。

「じゃ、誰に話したらいいんですか。誰と話したらいいんですか?」
(通訳すると「お前じゃ話にならん。上の人間と話させろ。」)

相手、事態を理解。

完全勝利。



私、別に怒ってないですよ。
普通に物事の道理を説明しただけです。


ま、朝一からこんな感じだったので、今日一日、激しくヤな気分で過ごしました。
電話切ってから、しばらく鳥肌が立って治りませんでした。
後輩に話したら「どうして怒った方なのに鳥肌が立ってるんですか?」って言われた。
確かに、そういわれてみればそうだよなぁ。
怒られたんじゃないのになー。


筋違いのことは絶対に言ってない。
明らかに相手の態度がおかしかった。


でも、自分が正しいことをしてるはずでも、それを通すのって疲れる。
ワタシ的に今日はかなり頑張った。
posted by あーる at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

猫の居る暮らし

チョロがうちの子になったのが去年の7月。
それまでも遊びに来てはいたんだけど当時はあくまでも「ご近所のお宅の猫」だった。


そのうちだんだん、遊びに来る頻度が多くなり、うちで過ごす時間が長くなっていった。
そして、ご近所のお宅に居るよりもうちで過ごす時間の方が長いんじゃないの?ってくらいになった頃、あいつの病気が判った。

その頃にはもう、我が家では「居て当たり前」のような存在になっていた。
だから、ご近所のお宅に話してうちで引き取らせてもらった。
元の飼い主さんも快く了承してくれた。


こんな感じでチョロが「飼い猫」になる前から一緒に過ごす時間は長かったので、うちの子になったからといって大きな変化は無かった。



わけはない。



全然違うんだよ、やっぱ。
「猫が遊びに来る家」と「猫が居る家」とは全然違うの、楽しさが。



確かに世話はしなきゃいけない。
食事の準備やトイレの片付け、それに、時々吐いたりもするし。
うちのは室内飼いにしてるからお散歩にも行かなきゃいけないし、病院代もかかる。


でもね、普段クールな猫が遠くで上がる花火の音を気味悪がって人が居る部屋にこっそり入ってきたり、機嫌がいいときにやたらにゃごにゃご話しかけてきたり、一緒にお外に散歩に行くとニコニコしてくれたり。


一緒に暮らしてなかったときは気づかなかった気持ちや表情に気づけるんだよね。
えらく機嫌が悪いなーとか、ニコニコしてるけど何か美味しい物もらったのかな、とか。
こっちがわかるようになった分、あっちもわかってくれるようになった(と思う)し。


私がチョロと出会った時、彼女はすでに子猫ではありませんでした。
でも、それなりにうまくやれてます。


出会った時には病気が発症していてこの先長く一緒に居られないのは明らかでした。
でも、あいつに出会えてよかったと思うし、今、一緒に時間を過ごせてとても幸せです。



朝起きたら猫が居る生活。
会社から帰ってきたら猫が迎えてくれる生活。


けっこういいですよ。


福さんが居る生活。
一度、考えてみてください。


お願いします。



fuku_banner150-56.jpg
posted by あーる at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

空っぽの言葉ならもう僕は聞き飽きた

今日のタイトルはTHE BLUE HEARTSの「ハンマー」。
歌詞はこちら。


***
今朝、通勤途中の車ん中でiPodを聞いていたときのこと。
Guns N' RosesのParadise Cityって曲を聴きたくなった。
どんな曲とか全然頭に思い浮かんでなかったんだけどね。
ただなんとなくタイトルを見てそう思った。


で、前奏を聴いた瞬間にあの光景が蘇った。


光の中で、学ラン着て、汗だくになって踊ってるおじさんたちの姿が目に浮かんだ。
「そっかー…そういえばあの時の曲だったか…」なんて思ったら、何でか知らんけど、ちょっとウルッときた。



確かにあの時、彼らはかっこよかったし、公演は最高に楽しかった。



「なんや…ワタシ、まだコンドルズのこと好きなんやん…。」って思った。
踊っている彼らがまた見たいな。
前みたいにがっつりじゃなくてね。
いい距離感で彼らを見ていられたらいいな。
posted by あーる at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コンドルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

プラマイZERO

なんで?


ってくらい事務処理が順調に進むんですけど。
いつもなら気ぃ狂いそうになりながら時間と闘ってるのに、今回は全然楽なんですけど。


いつも合わせるのに何時間もかかる作業があっさり終わって、
今の時点で予想していたよりも丸一日分くらい進んでる。


こんなに上手く行くはずがない。
人生プラマイZERO。
いいことの後にはそうじゃないことが絶対ある…はず。


この先どんな落とし穴があるんだろ…すげーこえぇよ(-_-;)
posted by あーる at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

2週間前に五右衛門ロックを見た

7月に東京で始まった劇団☆新感線の「五右衛門ロック」も今日の大阪公演で千秋楽。
私が大阪で見てから2週間も経ってるんですねー。

あれから2週間が経ち、そのあと雪組さんを見に行ったりもしてるんですよ。
でも、やっぱこの芝居のことは何か残しておきたいんですよ。
メモでも何でも。だから、簡単に書いてみますわ。

GOEMON.JPG

五右衛門ロックのパンフ、原作本、東京公演の音源CD。
この五右衛門ロック三種の神器があれば気分はすぐにハイテンショーン。
  
  
  
  
では、行きます。
  
  
  
ほんと、「メモ」ですよ…。
posted by あーる at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居・演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

今日もねむ…。

昼ご飯食べずにぶっ続けで仕事するのは15時が限界だったので、
今日は仕事を持ち帰って来ました。



今日は眠いからまた明日だ。


明日頑張りますー。
posted by あーる at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ぎうぎう

ぎうぎう(©くるねこ大和さま)です。


決算やら、決算やら、決算やら…あ、あと、あれだ、決算とかね。


普段は会社を一歩出たら仕事のことは考えないワタクシですが、
さすがにこの時期は、多少早く帰れたとしても頭から仕事が出てってくれません。
結果、時間的に、そして気分的にぎうぎうになってしまうんですねー。



早くやっつけたいですー。

早く解放されたいですー。
posted by あーる at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

先週の今日は

昨日、うちの所長に「あーる、太った?」と言われました。

突然。
なんの脈絡もなく。
唐突に。


あぁ。太ったよ(-_-;)。



と答えたいところをぐっとこらえて



あれぇ。ばれちゃいましたぁ?(てへ)



と返した私は出来た大人です。



さて。
先週の今日は宝塚大劇場へ雪組さんに会いに行ってきました。
あれからまだ1週間しか経ってないなんてきっとなんかの冗談だ、
というくらいはるか昔のことの気がしますねー。


今回は2本もの。
ショー「ソロモンの指輪」とミュージカル「マリポーサの花」でございます。

前半に30分のショーがあり、幕間休憩を挟んで2時間の芝居と言う、
宝塚ではちょっと変わった構成になっておりました。
(通常2本ものの場合はショー1時間ちょい、芝居1時間半くらい…かな)


私は元々荻田さん演出のショーは好きじゃないんですよ。
でも今回のは面白かった。
最初から最後まで全然退屈せずに集中して見られた。
こんな感じのショーならもっと長くても楽しめるのにな、って思いました。


で、芝居の話です。

男同士の友情を書かせたらピカイチの正塚せんせー。
しかも今回はちか(水夏希)ちゃんとユミコ(彩吹真央)氏が
がっつり絡む芝居だとうわさに聞いておりました。
だからもちろん期待はしていたんですよ。
でも、なにぶん、あの時の脳みそが劇団☆新感線モードになっておりまして。
なかなか脳がスイッチしてくれませんでした。
期待はしてるんだけどワクワクしない、と言いますか…
なんともテンションが上がらないまま迎えた観劇でした。


いざ、芝居が始まったのはいいけれど、なんだか全体のトーンが暗い。
正塚氏独特の「会話で構成される芝居」が淡々と続いて、山場らしい山場がない。
派手な展開がない。
時代背景が暗い。
政府だ、革命だ、と、話が硬い。
難しい。
長い。

あまりにも淡々と続くもんだから、客席の集中力が切れてきたのが明らかだったね。
トイレに立つ人、多数。
咳やくしゃみをする人、多数。
あめちゃんを食べだす人、多数。


こないだ一回見た感じでは「華やか」とは程遠い印象の芝居だった。


でもね、そんなの、今回の私にとってはあんまり関係なかったみたいです。
普段、偉そうに「作品がどーのこーの」「演出があれだ」とか言ってるじゃないですか。
でも解った風に偉そうに言ってる割りに、好きな役者さんが出てたら
それだけでもう嬉しいんだな、ってことに気づきました。
あと、自分はユミコ氏が好きなんだってね、改めて実感した。


もう、ストーリーとか悲しい場面とか関係ないんですよ。
目の前に彩吹さんが居ると、それだけでもう嬉しいの。
全国ツアーとか見に行かなかったから、ユミコ氏を見るのは今年の1月以来。
っつーことは、半年以上ぶりのユミコ氏だったんです。
目の前で、しかも、肉眼でちゃんと見える距離であの人が芝居してるんですよ。
それがほんとうに嬉しくてねー。


しかも…最後の最後に萌えポイントがあったんです!!!(←あほ)
  
  
  
  
以下、自分勝手なあほ話(ネタバレ注意)
posted by あーる at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

ねむ

今日は昨日よりちょっと早く帰れました。



ちなみに、昨日、私以外の子は1時まで会社に居たそうです。



1時って…もはや昨日ではないですよ…(-_-)
posted by あーる at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

お疲れ様です

今から帰ります。



この時間まで仕事すると眠いねん…。
posted by あーる at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

戻って来た日常

はいはーい。
みなさん、ちゃんとお仕事しましたかー?
ちゃんと日常生活に戻れましたかー?



私はうっかり8時まで働いてしまいました。
家に帰って、晩御飯を食べた後、おっきいシュークリームを食べました。


なんか…まだ甘いものが欲しいな(´・ω・`)。
posted by あーる at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。