2010年07月08日

そこに居たのかな

昨日は朝からおかしな日だった。


お気に入りのチョロの写真をね、会社のパソコンの陰に飾ってあるんですよ。
あの日からずっと置いてあるのに、昨日はやけにその写真が気になってね。
昨日は、チョロが手ぇ出してるような気がしたんですよ。
だから思わず、普段は置きっぱなしにしているその写真を手にとってまじまじと眺めた。


家に帰ってからもなんかおかしくてね。
自分の部屋のソファでのんびりしているときに、またチョロのことを思い出した。
そういえば、あいつ、この椅子好きだったなぁ。
上に服とか置いてたら「乗れんやん!」って抗議の目で見てたよなぁ、って。
いつもはそんな風に思うことなんてないのに。


そして、昨日の夜、猫を飼ってる夢を見た。
チョロの夢ってわけじゃないんだけど、なんか猫の夢を見た。


今朝、妹とその話をしてて「(寝ぼけて)毛布の端でも撫でてたんちやうの?それか、チョロに踏まれてた、とか(笑)」って言われて。
「そうかな〜。でもチョロやったら歓迎やなぁ。」なんて言うてたんですよ。


で、今日、会社で仕事をしていて、ふと気付いてびっくりした。
昨日は7月7日だったんだよね。
外猫だったチョロの病気が解ってうちで引き取ろうって決めたのが3年前の7月7日だった。
「お隣の猫」じゃなく「近所の猫」でもなく、「うちの猫」になったのが7月7日だった。


昨日はそんなことすっかり忘れてた。
生きてるときは「あれから1年か。」「あれから2年か。」「今年も無事に今日を迎えられたな〜。」って思ってたのに、居なくなると7月7日なんて忘れてしまうんやなぁ。



あいつが2月に死んで、もうすぐ5ヶ月が経つ。
どんな声で鳴いてたのか、とか、家でどんな風に過ごしていたのか、とか。
感覚的にどんどん薄くなるんですよね。
薄情な話かもしれないけれど…正直、日が経つにつれて記憶から消えていっている。

「忘れる」ってね、人が持ってる大切な技術であり、能力だと思うんだよ。
全部が全部覚えてたら人は記憶に押しつぶされて死んでしまうと思う。
100%全部を覚えておくのは絶対不可能だし、どんなに大切な存在でもそれを少しずつ忘れていくのは仕方が無いことなのかな、とは思う。


でも、やっぱ、忘れるのは辛いし寂しいね。


そんな風にね、どんどん「チョロが居た」って感覚(感触?)が薄くなっていく中で、7月7日にあいつが猛烈アピールしたのかな、って思ったらなんかおかしくて(笑)。





大丈夫だよ。
忘れることは忘れるけど、忘れないことは絶対に忘れないから。




20091012.JPG

【お気に入りの写真】




posted by あーる at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。