2010年07月18日

「見たくないこと」に気がついた

一昨日・昨日は一泊で社員旅行。
そして今日は宝塚に雪組さんを見に行く予定でした。
2階席だけどチケットも2公演分取ってある。


でも、行かないことにしました。


チケットを取っておいて芝居に行かないなんて失礼な事をやってるってのは解ってる。
今回の公演で退団されるトップコンビの水さん、愛原さんをはじめ、次期トップの音月や他の役者さんたち、製作に関わる全ての方、そしてこの公演を見たいと思っているのに見られないファンの方にも、とても失礼なことをやってる、ってのはわかってる。

でもね、木曜日の夜の時点でどうしても「今の宝塚歌劇団雪組を見たい」って思えなかったんだよね。
チケットを取ったときからずっとモヤモヤが引っかかってたんだけど…今の雪組を見たくないんだってコトに気がついたんです。


宝塚音楽学校と音楽学校生による裁判沙汰の不祥事。
実力のある役者さんたちを次々に使い捨てているように見える歌劇団の態度。
公演期間を1ヶ月に短縮・お披露目公演ですら再演物をやらせる、など、効率良い金儲けにしか見えない上演スケジュール。
定年制を導入してベテランの役者をどんどん辞めさせるやり方。
…等等、今の歌劇団のやることには納得の行かないことがいっぱいある。



そして何より、今はまだ彩吹氏の居ない雪組を見たい、と思えなかった。
何度も書くけど今の雪組さんに恨みがあるわけじゃないよ。
水さん・愛原さんコンビは大好きだし、次期トップの音月さんだって嫌いじゃない。
でも、やっぱね、まだ辛いよ、あの人が居ない雪組を見るのは。


あのねー何年も前に経験したことがあるんだけどねー、待っても待っても見たいメンバーが出てこないってねー、めっちゃくちゃ辛いんだよ。
見終わった後のあの悲しい気分。
あれはねぇ、ほんっとに辛いんだから。
あんな気持ち、もう味わいたくないんだよね。


音楽学校・音楽学校生の不祥事についてはまた別の機会に書きます。
詳しい内容を知りたい方はWikiで「宝塚音楽学校」の項目を見てみてください。
今年の春の公演で初舞台を踏んだ第96期生のことが書かれてあるから。
今の雪組を見たくない理由の一つにこの第96期生のこともあるんだけど。



チケットを取っておいて芝居に行かないなんて、私の人生において初めてだ。
芝居だけじゃなくて、ライブとかそういうのも含めてね。
自分の意思で取った公演に体調不良とかそういう理由も無く行かないなんて初めてだ。


今後、宝塚を見るかどうか…正直、わかんない。
見たい役者さんんたちは居るよ。
ゆーひさん好きだし、他の役者さんだって好きな人はいる。
でも今までのようなテンションでは見られない気がするんだよね。




宝塚歌劇団は彩吹氏の扱いを間違った事で、きっと、予想以上の損をしていると思う。
今後、このようなやり方を続けていたらどんどんファンは減っていくんじゃないだろうか。
昔からのファンは要らないのかな?
新規のお客さんだけで回せたらそれでいいのかな。





彩吹ファンだけでなく、全ての宝塚ファンをなめんな。
劇団、ざまぁ。

 
 
 
 
 
 


posted by あーる at 05:36| Comment(2) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。