2010年09月13日

「畜生」と「そうじゃない者」

今日の会社帰りにコンビニに寄ったとき、盗みを見た。
レジのお兄さんが私の前の人の会計をしてる間に、後から来た二人組がタバコを何箱も大きなポケットに入れていた。
あまりに堂々としていたので、最初、向こう側の手に持った買い物カゴに入れているのかと思った。
でもなんか様子がおかしかったのでなんとなくそちらを見ていた。
ポケットに入れている間、何度も目が合った。
ニヤニヤしながら、小さな声で何かを話しながら、二人はポケットに入れ続けた。
そして一瞬の隙をついて二人はそのまま店から出て行った。

レジのお兄さんは、私たちをほったらかしにするわけにも行かず、かといって盗みを見逃すわけにも行かず。
困惑しながら奥に居た別の店員さんを呼びに行っている間に、二人が乗った車は駐車場から出て行った。



すっごい気分悪かった。
私が1円でも損をしたわけじゃないのに、それでも気分が悪かった。



お腹が減ってるトラの前に生まれたばかりの仔馬がヨロヨロと歩いてきたら…。
トラは食べるよね。
だって、お腹が空いてるわけだし。
目の前にとっても食べやすそうな獲物が居るわけだし。
そりゃ食べるさ。


「欲しい」という感情があって、手の届くところにそれがあったら、迷わず獲る。
そういう感情も動物としては正しい感覚なのかもしれない。


でもさ、そういう状況でも手を出さないのが「人間」やん。
感情のまま動くのならそれは畜生と変わんないんだよ。獣と同じなんだよね。
でも獣にプライドって無いから…気付かないんだろうね、きっと。
理解できないんだろうね。


畜生に人として生きることを説くことよりも、畜生と同じ世界で生きているんだ、と意識しながら生きることの方が、今の世の中でやっていくには大事なことなのかもしれないね。


posted by あーる at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。