2010年10月31日

不足している栄養素

足りないんだよ。
ぜんっぜん足りてないの、栄養素が一つ。


その栄養素は「観劇」。
昔は多いときなんか月に4回とか見に行ってたのに。
いつから行ってないんだろ。
5月か6月の宙組以来だから半年近く行ってないことになるか。


はぁっ…そりゃ不足してくるわなぁ。


と、いうわけで、このところその反動のようにDVDばっか見てます。
久しぶりに宝塚を見ると「やっぱこの人たちの事、好きだなー」って実感する。
「好きだったなー」かもしれないけど(苦笑)。

宝塚の人たちだけじゃないんだけどね、舞台を見てると「誠実で居ること」を思い出させてくれる。
理屈とか、正論とか、綺麗事とかじゃなくて、実感として、ね。

普通に生きてると、ついついそんな事考えなくなってしまう。
なるべく手ぇ抜いて、頑張らずに、テキトーにやって、楽したい。
気付くと当たり前のようにそう考えるようになってる。

でも、舞台の人を見ると「自分もちゃんとやらなきゃ」って素直に思えるんだよね。
まぁ、簡単に言うと、単純というか感化されやすいと言うか…ちょっと恥ずかしいくらい解りやすい人間なんですよ、私は(笑)。


何にも出来ない人間だから。
せめて誠実で居なきゃね。
posted by あーる at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

さて…何から手をつけようか

朝から部屋の大規模な片づけをしております。
…が、全然片付かんので途方にくれております。
気分転換にパソコンなんか触ってみようと思ったり〜〜〜。


でも面白いねぇ。
いろいろ掘り返してたら10年くらい手ぇつけてないものがでてくるのな(笑)。
楽器の学校行ってた頃のノートとか、その頃集めた楽器の資料とか。
さすがにそのくらい遡ると、要る要らない、じゃなくてね。
やっぱ捨てられませんわ。


今回はかなり沢山のビデオテープを処分いたしました。
思い入れがあるから心苦しいけど…ビデオテープっていうメディアに触れることがね、多分、この先、どんどん減っていくと思うんだよね。


今の私の部屋が猫が安心して過ごせる部屋になるまでにはもうちょっと時間が掛かりそうだな・・・。

でもちゃんと準備して迎えたいから。
頑張ります!!!
posted by あーる at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

週末だー

やばい。
眠い。


今、床に転がってるんやけど、このまま寝てしまいそうや。
ねーむーいー。
posted by あーる at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

激ウマ!!!

昨日の夕方のこと。
近所のおっちゃんが「今日獲ってきたんや。」っておすそ分けに持ってきてくれた。
今日の晩御飯のおでんになりました。


めちゃくちゃ旨いYO!!!
おっちゃん、ありがとう!!!


101028_晩御飯
posted by あーる at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬仕様

昨日の夜さー、電気で加熱する湯たんぽを暖めてお布団に入れたの。
ちょっと早すぎるかな…温すぎて目ぇ覚めちゃうかな…って思ったけど。
でも、とりあえず足元に忍ばせて寝たの。



そしたらさー…ぜんぜん温すぎないんですけどw


明け方まで足をピッタリ触れさせて寝てたね。
こないだまで半袖で過ごしてたのに、急に勢いMAXで冬だよ。


寒いのヤだけど、寒すぎて逆にちょっと面白い今年の秋…っていうか冬。


posted by あーる at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

雨パワー

今週は一ヶ月の最終週。
だから仕事の締め切りでバタバタする。

でも今週の週末はどうしても、久しぶりに遠くへ写真を撮りに行きたかった。
だから、先週から早め早めに仕事をやっつけてきた。
土曜日の休みを勝ち取れるように。
土曜日、出勤なんかしなくてもいいように。


さいわい、今月は大きな問題もなく順調にすすんだので、今の感じで行くと土曜日は休めそうだ。




なのに、台風が来るってどうよ┐(´д`)┌




久しぶりに私の雨女パワー炸裂。



私が動くと嵐を呼ぶぜ。
posted by あーる at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

なにこれちょーさむいんですけど

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…。




とうとう寒い季節がやってきてしまった………。




温かい部屋から出るの、いや。
朝、お布団から出るの、いや。
寒い部屋でパソコン触るの、いや。


私が活発に動く事ができる季節はどうやら終わったようですね(笑)




冬眠したいーーー。
posted by あーる at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

将軍到来?

明日から寒くなるみたいですね。
西高東低だって。
冬将軍がやってくるって。



さむいのイヤや…(;Д;)
posted by あーる at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

西洋の絵画みたいな感じ

西洋の絵画を見たときって、「なんかすごいなー」とか「きれいだなー」って思うんだけど、それ以上のことを感じない。
もちろん、好きな画家の絵はそうじゃないけど。

凄いんだとは思う。
技術的なことはよくわかんないんだけど、多分「上手い」んだと思う。
多くの人に愛されている作品だから素晴らしいんだと思う。

でも自分にとってはリアルじゃないって言うか…そんな感じなんだよね。


***

部屋の片付けをしていたら前に某有名劇団の舞台を録画していたDVDが出てきたので、見てみた。
そしたらさ、いつまで見ても話に入っていけないんだよね。
1時間見ても面白いと思えなくて、1幕が終わってもまだ思えなくて。
2幕の三分の一くらいまで来てやっとちょっと面白くなってきた。

すんごい有名な劇団なんだよ、歴史もあるし、規模も大きいし。
もちろんファンの人だって沢山いる。
歌も踊りもめっちゃ上手い。
だからね、凄い作品なんだと思うんだよ。
いい芝居なんだと思う。

でも…私はピンと来なかった。
見ながらね、「西洋絵画を見てるみたいだ」って思ったの。


多分「好み」なんだろうね。
要は好きか嫌いか。
単純にそういうことなんだろうね。

宝塚でも私が極端に好きな作品って一般的な評価が低かったりするんだよな(笑)。


世間一般の「いい作品」が私にとっての「いい作品」とは限らないし、その逆も言える。
そしてそれは誰にとっても言えること。


考えてみると、何を以て作品を評価するか、って、様々で面白いね。
posted by あーる at 20:45| Comment(0) | 芝居・演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

苦手な事をやってみる

私の苦手な事は物を手放す事。


ダメなんだよねー。
捨てられない、手放せない、んだよ、物が。
使ってないもの、見てないもの、聞いてないもの、いっぱいあるのに。

でもそろそろ整理しなきゃ…猫を迎える場所がない(笑)。
チョロは大人猫だったから落ち着いてたけど、次にもし子猫を迎えるとしたらそれなりに環境は整えてやらないといけない。
部屋で危なくないようにもしてやらないといけないから。


まずは手始めに雑誌を減らす。
そして空いた場所に、今出てる本を入れて片付ける。
そんな風にしながら、新しい命を迎える準備をする。
物理的にも、気持ちの上でも。


そんなわけなのでうちに猫が来るのはもうちょっと先かな。
でも、やっと現実的にいろいろ考えるようになった。
きっと、こんな風にしてるうちに、いいご縁が冗談みたいに転がり込んでくるんだろうな。


だってチョロのときもそうやったもん(^_^)
posted by あーる at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

永遠(とわ)に輝け

今日の夜23時からNHK教育で舞台「愛と青春の宝塚」が放映されます。
収録されたのは今は無き新宿コマ劇場。

2009年…だから、まだ去年、か。
この作品は全国ツアーをやってて、運よく高松にも来てくれたんだよ。
で、何も意識せずに「せっかく近くに来るから…」ぐらいの軽い気持ちで見に行って、感動しまくったんだよね。



戦時・戦後の日本。
「こんな時代だからこそ宝塚が必要なんだ」と、みんなで立ち上がる。
そんな感じのお話(はしょりすぎかなw)でした。

時代の設定は何十年も前のお話。
生活のスタイルも環境ももちろん今とは全然違う。
でも…似てるんだよね、あの時の自分と。


2004年の夏、台風の影響で記録的な高潮に見舞われ、我が家は海の水に浸かった。
何日も家の中を土足で歩き、二階で窮屈に寝る生活が続いた。
あの時、初めて自分でチケットを取って見に行った宝塚のチラシを、何度も眺めた。
湿気でくたくたになった小さなチラシを見ながら「また見に行きたいな〜」って。
台風の前に注文していたDVDが被害の翌日に届き、嬉しくて、見られるわけでもないのに抱えたまま疲れて眠ってしまったりもした(笑)。

あの時の私にとって、宝塚はまぎれもなく夢であり希望だった。




高松でこの芝居を見たとき、ラストの場面でおもったんだよね。
「あー…この気持ち、わかるわ…」って。
戦中・戦後とうちの床上浸水を同じ次元で比べたらダメなのは解ってる。
でも、あの場面がね、すごいリアルにわかったんだよね。


そんなお芝居の放映が今夜あります。
宝塚をあまり知らない人も楽しめる作品やと想います。
宝塚を多少でも知っている人もまた違った感覚で楽しめる作品やと想います。


秋の夜長に素晴らしい舞台作品を鑑賞してみませんか。
posted by あーる at 19:20| Comment(0) | 芝居・演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

公演の無事を祈る

劇団☆新感線、さらに5公演中止
主演・橋本じゅん「重度の腰痛・坐骨神経痛」が判明


Yahooのニュースにも出てた。



既に怪我人が出て、数公演が中止になり、今後もどうなるかまだわからないという今、こういうのも変かもしれないけれど…やっぱり公演の無事を心から祈りたい。



今回は東京・大阪だけでなく福岡の公演もあるのに。
今回は劇団旗揚げ30周年かなんかのお祭り騒ぎなのに。
しかも数年に一度のチャンピオン祭り(←ネタのみの大騒ぎ公演)なのに。

なるしさんがアキレス腱断裂、じゅんさんが過度の疲労による坐骨神経痛だなんて。


自分がチケット取ってるから、とか、そういうのを抜きにしてね。
ほんとうに役者さんたちの身体と心が心配だ。


この先、この公演がどうなるのか、まだ解らない。
でも、どんな形になっても、最後はみんなで笑えたらいいなぁ。
あの人たちには笑ってて欲しいなぁ。
posted by あーる at 21:54| Comment(0) | 芝居・演劇・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

退団者情報!

花組トップスター・真飛 聖さんが、2011年4月24日の東京宝塚劇場花組公演『愛のプレリュード』『Le Paradis!!(ル パラディ)−聖なる時間(とき)−』の千秋楽をもって退団することが発表されました。


***
ゆう(真飛 聖)くんの、感情的で真っ直ぐな芝居と、ノリの良さが好きでした。
ときには役の激しい感情に振り回されているんじゃないか、と言うほどの熱い芝居。
そして役を離れると少し早口で、よく喋る綺麗なお姉さん(笑)。

最近の雰囲気の充実っぷりを見ていて「多分、もう、腹括ってるんだろうな…。」となんとなく感じていたところでの退団発表だった。

いい役者さんだから退団は寂しい気がする。
でもいい役者さんだからこそ、外の世界でも活躍して欲しい、って気もするし。
何度経験しても、宝塚の役者さんの退団って複雑な気持ちになるね。


ゆうくんが宝塚で過ごす最後の瞬間まで充実して悔いの無い時間を過ごせますように。
posted by あーる at 21:57| Comment(0) | 公式発表 〜宝塚〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

ともしびとほたる

命ってよく「ともしび」に例えられるやん。
目に見えないものだからいろんなイメージがあるよね。

チョロの呼吸が止まったときは、ゆらゆら揺れる炎がふっと消えた感じがした。
あと、手の中に捕まえてた蛍が指の隙間からふわっと飛んでいってしまったような感じもしたなぁ。


***

「ジュルのしっぽ」という猫ブログの猫、ジュルが昨日の夜亡くなった。
猫なのに目がつり目じゃなくてね。
まんまるくりくりおめめの可愛い子だった。
野良猫出身のジュルは猫HIVのキャリアで、小さな身体でずっと病気と闘っていた。

***

ブログ管理人のhana*さんたちは動物の為にいろんな運動をされていた。
運動が大きくなるにつれていつのまにかジュルはhana*さんたち<だけ>の猫じゃなくて、みんなの猫になっていた。


どんどん弱っていく愛猫にカメラを向け、不特定多数の人に向けて言葉を発信する。
それがhana*さんたちにとってどれほどの苦痛だっただろうか。
きっと静かに過ごしたかっただろうに。
穏やかに過ごしたかっただろうに。
なのにhana*さんはみんなの猫になったジュルの様子を紹介し続けた。

そのことについていろんな意見があるとは思う。
私もチョロのときはなるべく弱った姿は載せないようにしていた。
でもきっとたった一つの正解なんて無いんだと思うんだよね。

だから私はhana*さんのその責任感に敬服します。

***

ジュル、そして家族の皆さん、お疲れ様でした。



R.I.P. jule
posted by あーる at 19:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

冬眠の季節がやってきた

今日なんかさぁ、朝、寒いの。
もちろん昼間は暖かいんだよ。
でも朝晩は冷えるんだよね。



あー…ワタシの苦手な季節がやってきた。
冬眠したいです。
posted by あーる at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

気持ちは大切

先週の月曜日、コスモスを撮りに行ったものの、疲れのせいでまともに撮れなかった。
いい写真が撮れるとか撮れない、じゃなくて、折角行ったのに気持ちがそっちに向かなかった事が悔しかった。
だから今日、もう一度行ってきましたよ、いつものあの場所へ。

国営讃岐まんのう公園。
先週があんな感じだったからねぇ。
正直言うと不安だった。
今日行っても楽しくなかったらどうしよう…飽きっぽい性格の悪い癖がもう出始めたのかな…って(苦笑)。


でも実際行ったら、そんなの余計な心配でした。


101017_コスモスの道.JPG


目に飛び込んでくるものがやたら面白くてね。
とにかくいっぱい撮った。
先週なんて公園に入って数分で休憩してたのにねぇ。


ひとしきり撮った後、一旦帰宅。
でもなんだかまだ物足りなくて、再びカメラを担いで車で出かけた。
次は先週行った「さぬきこどもの国」の東ウイングエリア。

今日もお天気が良かったので駐車場はほぼ満車。
運良く車を止める事が出来たので、駐車して、歩き始めるとちょうど離陸の準備をしている飛行機が居た。
しばらく待っていると滑走路に移動し始めた。



101017_ANA.JPG




101017_ANA_離陸.JPG


とんでもない速さで近づいてくる飛行機をレンズ越しに見てると、今までに感じた事のない不思議な興奮がやってきた。
「わくわく」ぐらいじゃ表しきれない。
わくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわく…やっぱい言い切れない。
それくらいワクワクしました。



しばらく写真を撮ってると着陸する飛行機もやってきた。


101017_着陸.JPG


今日はね、撮っててほんとずっと楽しかった。
多分、気が乗らないときの写真ってそういう写真しか撮れないと思うんだよね。


今日は楽しかったからさぞかしいい写真が撮れていることと思います(笑)。


やっぱ気持ちって大事。


posted by あーる at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

なんか元気が出る音だ

主にカバー曲をやってるっぽい人たちのアルバム。
この人たちの存在を全く知らずに、音だけ店で聞いて思わず買ってしまった。
久しぶりに聞いたスカッと元気が出る音だ。


今まで全然聞いた事ないけど、この人たちって有名なのかな?
この企画モノっていつか話題になったりしたんだろうか???
ワタシ的にはすんごい面白いんだけどなぁ。








みなさんどうですか?


posted by あーる at 18:33| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

お客様はカミサマか?

確かに、沢山の店の中からうちを選んで買ってくれることについては感謝する。
でもさ、商品を調達して提供して、配達等のサービスをし、その対価としてお互いが納得した代金を払うんでしょ。
だったら立場は対等だと思うんだけどな。


金払うから偉いんだ。
こっちは客なんだぞ。


そんな態度をとられてもねぇ。


だったら他で買えばええやん。
あんたみたいな客にこの価格でこのサービスを提供する店があるならそっち行きなよ。


ってつい思ってしまうやん。
これって横柄なのかなぁ。

別にね、何でもかんでも噛み付こうっていうんじゃないんだよ。
ただ、売る側とか買う側とか、個人的に好きとか嫌いとか、そういう以前にね、人間同士として最低限度の礼儀とか相手に対する尊敬の気持ちとか、そういうのを大切にしなきゃいけないと思うんですよね。


「うちで買ってくれてありがとう」って売り手が思って、「おかげさまで商品を手に入れることが出来たよ。売ってくれてありがとう。」って買い手が思って。
そんな風に買い物が出来たら良いのに。



いい売り手になりたいです。
いいお客さんになりたいです。
posted by あーる at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

日本の翼

去年の10月7日
ギンギラ太陽'sという福岡の劇団の芝居を高松で見た。
タイトルは「翼をくださいっ!さらばYS-11」。
第二次大戦後唯一の国産飛行機「YS-11」が出てくるお話だった。

大号泣した。最前列ど真ん中で見てて、顔が上げらんないくらい号泣した。
その辺の感想を3つの記事に分けてがっつり書いた。
久しぶりに、書かずに居られなかった。

<その1> <その2> <その3>

そしてあの日、作・演出の大塚さんが「高松にもYSさんが居る」と言っていたのを聞いて、いつか会いに行きたいと思っていた。


先日、その想いがついに叶った。
場所は高松空港のすぐ近くにある「さぬきこどもの国」の東ウイングエリア



101010_YS-11.JPG



YSさんは金網に囲まれた場所に居た。
近くで実物を見ることが出来て、まずそこで最初の感動。



101010_YS-11機内公開.JPG



土日祝日などは機内も公開しているとのこと。
まさか中にまで入れると思って居なかったので、さらに感動。



101010_YSさんプロペラ.JPG



日本のプロペラ。



101010_YSさん尾翼.JPG



そして日本の尾翼。



101010_YSさん客室.JPG


赤いシートに座ってみた。
とっても狭い座席だった。
この狭い座席にどれほど多くの人の夢を乗せて飛んでいたのだろう…と思った。

感慨深かった。



101010_YSさんの窓.JPG



この窓から、空を眺め、街を眺め、翼を眺めていたんだよね。



101010_YSさんから降りるとき.JPG


コックピットにも入れたんだけど、ちびっ子とお父さんが楽しそうに中で話していて、別の親子も待っていたので私は遠慮させてもらった。

正直言うとほんとは…見たかったよ。
そりゃ大人でも見たいさ!!!!!!!(笑)。
でもね、YSさんは地上に居てもちびっ子の夢を乗せていたほうがいいと思うんだよね。
だから…うん…大人は我慢するよ(^_^)



日本がやっと手に入れた日本の翼「YS-11」。
高松でこのYS-11に会えることがとても嬉しいです。

そしてギンギラ太陽'Sさん。
YS-11さんに出会わせてくれてありがとう。
すてきな物語をありがとう。







さすがにここには載せられないけど、「YSさんと一緒に撮って♪」と友人に頼んで満面の笑みで写真に写っていた(しかも何枚も)ことは内緒だ。
posted by あーる at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

修羅場は突然やってくる



今週は月曜日が祭日。

土曜日も休めるから短くていいわ〜ヽ(´ー`)ノ




なんて思っていたら、修羅場は突然やってきた。

内勤の男の子が高熱を出し、ダウン。
明日来るかどうかわからない。

内勤の先輩の古傷が悪化し、ダウン。
明日は朝から総合病院で検査なので来るとしてもいつになるか解らない。

配達の男の子が慰安旅行で留守。


このままいけば、明日は平常時よりも3人少ない平日。
…そんなのありかヽ(´Д`;)ノ





いろいろ不満はありますが、チリで奇跡が起きてるので今日は愚痴らないことにしよう。
作業員33人と救助に行った人が全員無事に出てこられますように。


posted by あーる at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。