2009年03月29日

宝塚大劇場 雪組公演「風の錦絵」

雪組を大劇場に見に行ってからまだ一週間だなんてウソや…。
もう、ひと月くらい前のことのような気がするわ。
っていうか、瀬奈さんを見に行ってからまだ2週間やもんなぁ。
時間的感覚がどんどんおかしくなっていくー。



さて。
先週の金・土と宝塚大劇場へ雪組さんの公演を見に行ってきました。
今回は和物のショー「風の錦絵」とお芝居「ZORO 仮面のメサイア」の二本立て。

今回の公演は娘役トップの白羽ゆりさんの退団公演。
そしてAQUA5のメンバー凰稀かなめさんが星組へ組替えになる前の最後の公演。
白羽さんは東京宝塚公演もあるけど、凰稀さんは東京公演には出ないもんね。
というわけで、今の雪組の形が見られる最後の公演でした。



いつもは芝居のことばっかり書くんですが、今回のはね、ショーも面白かったんですよ。
中でも見所だったのはやっぱり雪組戦隊。


AQUAオレンジ!凰稀かなめ!!

AQUAイエロー!彩那音!!

AQUAグリーン!音月桂!!

AQUAブルー!彩吹真央!!

AQUAレッド!水夏希!!





5人揃ってAQUA5!!!



みたいな。
雑誌とか読まずに見に行ったんだけど、あとから読んでみると歌劇3月号の座談会で演出家のセンセーも「ゴレンジャー」と言ってましたね。

石田:「何レンジャーでした?」
彩吹:「私はアオレンジャーです(笑)。」


って。
やっぱトップスターはレッドなのな(笑)。


今回のショーは私にとっていろんな意味で衝撃的な作品でした。
宝塚にこういうことをする演出家の先生がいるんだな、って。

その辺りのことも含めてネタバレ満載で書いていきますので、ネタバレ苦手な方はご注意くださいませ。
 
 
 
 
 



【風の錦絵】

演出は石田昌也氏。
私のイメージではこの人は「いかれてる」(失礼)。

「宝塚」という枠があるとするやん。
その中で演出したり作ったりしなきゃいけないとする。
石田氏のやることは全部「すれすれやねん。
やることがライン上な感じ。
あと一歩出たらアウト、みたいな。

私は芝居にそういうことを求めてないから、この人の作った芝居はあまり好きじゃない。
だから、石田氏が演出した芝居は誰が出てても見に行ってないと思うし。

そういうイメージの人が和物のショーを作るなんて出来るはずが無いと思ってた。
絶対まともなショーにならへんって。

で、実際に見に行ってみて思った。


やっぱりまともなショーじゃなかった。


幕開きがこうで、中詰めでこんな感じになって、最後はこう盛り上がって…みたいな。
そういうある程度の決まった形をぶっちぎってる。
予想・想像出来る範囲をぶっちぎってる。
いわゆる典型的な「和物のショー」を期待した人は怒ってるんじゃないの?って思うくらい、なんっというか…斬新なショーだった。


ワタシ?
ワタシはいわゆる典型的な和物のショーだと退屈だな、と思ってたんで。
めちゃくちゃ面白かったですよ。
破天荒っていうのかな。
びっくりした。
たまげた。
そして大笑いした。

石田氏のぶっ飛んだ感性が面白く作用したショーでした。


【プロローグA 白浪5人男】

幕が開くと岡っ引き二人と女目明しが登場。
女目明し役は娘役トップのとなみ(白羽ゆり)さん。
娘役トップ、しかも今回が退団公演なのに、幕開きの登場は岡っ引きの扮装。
となみの扮装がコントみたいやったよ。

そして女心を盗んだという白浪五人男が番傘をもち、カラフルな着物姿で登場。
後ろ向きに立って登場し、一人ずつキメ台詞を言いながらくるりと振り返っていく。


どう見たってあれは戦隊物のヒーローだ。


戦隊物のヒーローが5人揃って決めのポーズをとったときの破壊力は見事でした。
やっぱり、トップがレッド、二番手がブルーなのな。

おかんと妹と見て、見終わってから誰が何色だったか、という話になったとき、3人とも自分の好きな役者さんしか見てなかったのが笑った。

「ユミコは青やったよね!」
「知らん…私はキムしか見てないし。キムは緑やったよ。」
「えーヒロミちゃんが黄色やったんしか覚えてないー。」
「キムもヒロミちゃんも覚えてないけど、てるちゃんはオレンジやった気がする」
「チカちゃんは赤やったよね。」

さすがに、水さんが赤だったことだけは3人とも見てた。


【プロローグB カーテン前】

女目明し姿の白羽さんに、縄でぐるぐるに捕まえられている水さん。
銀橋で引っ張ったりされて困ってるはずなんだけど、あんまり困ってなさげでまんざらでもない感じが可愛かった。
二人、いい雰囲気になったなーって思った。

二人が初めて大劇場で組んだ作品「エリザベート」を見たときは、正直、不安やった。
なんだろ、この二人の間に流れる違和感は…って。
寄り添っているのに違う方向を見ているような、そんな違和感を感じた。

でもこの日は二人が同じ空気の中に居るなーって感じたもんね。
せっかくおんなじ空気感になってきたのに、白羽さんはこの公演を最後に退団。

残念だ。


【風の盆・幻想】

ミエコ(松本悠里)先生が最初に出てくるのが3曲目…なのかな。
ユミコが舞台上手で歌ってて、ミエコ先生が真ん中で踊ってるの。

ミエコ先生はあれだね、妖精さんかなんかだね、きっと。
日本人形みたいだ。

最近の役者さんももちろん可愛いし、綺麗だし、上手いと思う。
ミエコ先生って、年齢も上だし(女性にこういう言い方って失礼かな)、スタイルだって「今風の長身で足が長くてって」感じでもない。
でもね、めちゃくちゃ可愛いんだよ。
きゅんってなる可愛さ。
「和」の美しさやねんな。

舞台上手で歌っていたユミコが、舞台中央に出てきて一緒に踊る。
背中のところにさしていた風車をすっと抜いて手に持って踊ると、青い風車がくるくると回ってね。
シンプルな着流し姿は「月の燈影」の幸蔵を思い出させた。

二日目に見たときは幸蔵にしか見えなかった。
次郎吉とか、喜の字さんとか、火消しの頭とか、新助とか…。
みんなのことがまるで自分の記憶のように頭の中に浮かんできて、鼻の奥がつーんっとなった。
ユミコ自身はどんな気持ちだったのかな。


ユミコの歌をしっとりと味わえたし、切ない物語仕立てになってたのも良かった。
この場面、好きだなー。


【風林火山A〜C】

ハマコ(未来優希)さんが負傷した武者姿で歌いながら登場。
あの迫力。めっちゃくちゃかっこよかった!!!
雪組の底力すげぇって思ったね。
和物をやったときのあの迫力っていうか、落ち着きっていうか。
やっぱり雪組は半端じゃない。

ハマコさんを見ながら「ささら笹舟」を思い出したなぁ。

風林火山がどうのこうの、上杉謙信がどうのこうの、って歌ってた…かな。
詞の内容で、これから上杉謙信と武田信玄が出てくるんだ、ってわかった。
予備知識が無くてもちゃんと歌の言葉で伝わってくるハマコさんはすごい。

そして鎧武者が舞台上手に掃けて緞帳が上がると火の粉が舞うような映像が流れてスモークがたかれて。
舞台中央のせりが下がっていたのでそこから轟さんがせり上がってくるんだろうなってのはわかった。

そこからが長いんだよ!!!
ゴチの最後んとこじゃないんだから。
勿体つけすぎやろーって思うほど引っ張って引っ張って引っ張って。
さんざん引っ張って、ついに轟さん登場。
なんだかんだ言っても、この人の迫力は尋常じゃなかった。

黒髪長髪を後ろでシンプルに束ねた髪型。
赤い甲冑を着て銀橋に出てきた姿はこの上なく美しかった。
そのあとは舞台奥から武田信玄に扮した水さんがせりあがりで登場。
今までにあんまり見たことのない感じの渋い役でこれまたちょーかっこいい。
ヒゲも渋く似合ってて良かったなぁ。

赤い甲冑の上杉軍と緑の甲冑の武田軍。
双方とも扇子を持って舞うことで戦いを表現してた。
1階で見たときよりも2階で見たときのほうが迫力があった。
ちょっと離れてみたことで「両軍」の攻防が見られて面白かったな。

扇子を手にしての大人数でも舞がとっても華やかでした。


【秋風と菊人形】

菊人形に扮した白羽さんが音月さん演じる義経と舞う場面。

となみ、ほんとにお人形さんみたいに可愛かったなぁ。
最初の日は足元の菊の置物みたいなのをパタンと倒してましたが。
あれ、間違いなくとなみが倒したよ。私、見てたもん。
それもまた、彼女らしくて、微笑ましくていい感じです(笑)。

音月さんと白羽さんの舞。
同期で、同じ雪組で長い時間過ごしてきたお二人。
今まで何度もこんな風に一緒に稽古したりしてきたんだろうな。
もう最後なんだな。どんな気持ちなのかな。
そう思ったらきゅっと切なくなった。
人形が動きを止めたとき、胸が詰まった。


【フィナーレA・ネコと小僧さんのラインダンス】

娘役4人に猫耳と尻尾とふかふかの手をつけさせてねこじゃねこじゃを歌わせる。
やっぱ石田氏はギリギリの人だ。


いやいやいやいやいやいやいや。
でもね、でもね、でもね、マジで可愛かったですよ。
あの可愛さは反則ですよ。

個人的には大月さゆさん。
めっちゃ可愛かったです。

そして、そこから衝撃のラインダンスに入るわけですよ。


まず、坊主の鬘を付けた人たちが大勢出てきたところでぶっ飛んだ。
その小僧さんたちがラインになって踊りだしたところでさらにぶっ飛んだ。
僧侶役のなが(飛鳥裕)さんに、小僧さんがぽこっとたたかれたところでたまげた。

その中でもひときわ存在感を放っていた大きい小僧さん。
男役の中で居ても目立つ身長なのに、娘役さんたちの中で居たらそりゃ目立つわな。
きたろうくん。

可愛い小僧さんたちが、坊主の鬘で、ラインダンスを踊る。
イメージ的にはあれですよ、一休さんたちが並んで、足上げてラインダンスしてる感じ。
そして、ネコさんたちと一緒に「にゃ〜む〜」と手を合わせるというオチをつけて終了。


多方面から苦情が来そうな場面だけど個人的には面白かったです。


【フィナーレB ソーラン節】

彩吹さんが張り切ってました。
以上。


もうねぇ、この辺になるとそれ以外見てないんですよ。

この歌で、このアレンジで踊るんだ!?
歌うめぇ!
声、おっきい!
ちょー笑顔やん!!
和服着てたら幸蔵みたいだ!!
幸蔵みたいな役、またやってくれよ!!
っていうか、今、目の前にユミコがいる!!!
すげーたのしいんだけどー!!!


って。
久しぶりの雪組だったから頭ン中、忙しくて。


【フィナーレC〜D 春一番】

轟さんが「さくらさくら」を歌う場面。
舞台に現れて、しばらく踊ってから歌に入るんですけどね、土曜日に見たときちょっとしたトラブルがあったんですよ。
「さーくーらー」って歌い始めたときに、轟さんのマイクが入らなかったの。
最初は胸の所につけたマイクを触って直そうとしてたんだけど、なかなか声が入るようにならなくて。
踊りながら、マイクを調整(?)しながら、歌ってました。



地声で充分響き渡ってた轟さんの歌の破壊力はやっぱり半端じゃなかったですね。
マイクが入らないのはトラブルなんだけど、あの人の歌の力を、逆に思い知らされた感じでした。



そして翌日。
昨日と同じ「さくらさくら」の場面で。
見てる私は前日のことが頭をよぎってドキドキしてた。
轟さんも少し意識してたのかな。
歌い出しのところの声がいつも以上に力が入っている気がした。
さくらの「さーくー」あたりまで


音が割れてました。


大劇場の音響設備が再生しきれて無かったですよ、轟さん。


どんだけ破壊力のある声やねん。
あの人がお稽古場で歌うと窓ガラスが揺れるという伝説がありますが、大げさでもなんでもなく本当のことかもしれないです。


そのあとは水さんたちも出てきてみんなで歌って踊って。
轟さんと水さんの客席降りもあったりしてね。
楽しい場面でした。


【パレード】

気付くといつの間にか舞台上には大勢の人が出てきてた。
まだ中詰めかなーなんて思ってたら、歌って踊ってあっさり終了。
うっそぉ〜ん?!って感じでね、拍子抜けっていうか。
もっと見たかったし、見られると思ってたから、あれで終わりは残念だったなー。


***
いつもショーって「ただ見るだけ」になってしまうことが多いんですよ。
でも今回は描かれている以外の部分のストーリーを想像したり、単純に見たまんまの感覚で笑ったり、いろんなことを感じることが出来た。


いわゆる典型的な「和物のショー」の形じゃなかったけど面白くて、もっと見たくなるショーでした。


posted by あーる at 07:56| Comment(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。