2010年07月18日

「見たくないこと」に気がついた

一昨日・昨日は一泊で社員旅行。
そして今日は宝塚に雪組さんを見に行く予定でした。
2階席だけどチケットも2公演分取ってある。


でも、行かないことにしました。


チケットを取っておいて芝居に行かないなんて失礼な事をやってるってのは解ってる。
今回の公演で退団されるトップコンビの水さん、愛原さんをはじめ、次期トップの音月や他の役者さんたち、製作に関わる全ての方、そしてこの公演を見たいと思っているのに見られないファンの方にも、とても失礼なことをやってる、ってのはわかってる。

でもね、木曜日の夜の時点でどうしても「今の宝塚歌劇団雪組を見たい」って思えなかったんだよね。
チケットを取ったときからずっとモヤモヤが引っかかってたんだけど…今の雪組を見たくないんだってコトに気がついたんです。


宝塚音楽学校と音楽学校生による裁判沙汰の不祥事。
実力のある役者さんたちを次々に使い捨てているように見える歌劇団の態度。
公演期間を1ヶ月に短縮・お披露目公演ですら再演物をやらせる、など、効率良い金儲けにしか見えない上演スケジュール。
定年制を導入してベテランの役者をどんどん辞めさせるやり方。
…等等、今の歌劇団のやることには納得の行かないことがいっぱいある。



そして何より、今はまだ彩吹氏の居ない雪組を見たい、と思えなかった。
何度も書くけど今の雪組さんに恨みがあるわけじゃないよ。
水さん・愛原さんコンビは大好きだし、次期トップの音月さんだって嫌いじゃない。
でも、やっぱね、まだ辛いよ、あの人が居ない雪組を見るのは。


あのねー何年も前に経験したことがあるんだけどねー、待っても待っても見たいメンバーが出てこないってねー、めっちゃくちゃ辛いんだよ。
見終わった後のあの悲しい気分。
あれはねぇ、ほんっとに辛いんだから。
あんな気持ち、もう味わいたくないんだよね。


音楽学校・音楽学校生の不祥事についてはまた別の機会に書きます。
詳しい内容を知りたい方はWikiで「宝塚音楽学校」の項目を見てみてください。
今年の春の公演で初舞台を踏んだ第96期生のことが書かれてあるから。
今の雪組を見たくない理由の一つにこの第96期生のこともあるんだけど。



チケットを取っておいて芝居に行かないなんて、私の人生において初めてだ。
芝居だけじゃなくて、ライブとかそういうのも含めてね。
自分の意思で取った公演に体調不良とかそういう理由も無く行かないなんて初めてだ。


今後、宝塚を見るかどうか…正直、わかんない。
見たい役者さんんたちは居るよ。
ゆーひさん好きだし、他の役者さんだって好きな人はいる。
でも今までのようなテンションでは見られない気がするんだよね。




宝塚歌劇団は彩吹氏の扱いを間違った事で、きっと、予想以上の損をしていると思う。
今後、このようなやり方を続けていたらどんどんファンは減っていくんじゃないだろうか。
昔からのファンは要らないのかな?
新規のお客さんだけで回せたらそれでいいのかな。





彩吹ファンだけでなく、全ての宝塚ファンをなめんな。
劇団、ざまぁ。

 
 
 
 
 
 


posted by あーる at 05:36| Comment(2) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私も現在、宝塚ファンを継続するか否か、迷いを感じています。
原因として、
1・地方ファン故の経済的問題
 地方からわざわざ遠征して、大劇場公演を見続けてきました。ところが、それがどうも経済的に負担に感じるようになってしまいました。
2・96期問題
 この問題は、私にとってもショックでした。
もう二度と起こらないよう、徹底的な調査と再発防止策が望まれます。また同時に、宝塚音楽学校の生徒さんには、
「入学した当初から宝塚ファンが言動すべてを見ている」というい時期の醸成を図ってほしいと思います。
3・公演数の増加
 これが一番大きいです。家族から、
「深みにはまっているのか!」と誤解されます。
8公演の場合は、地方ファンでもリピートできますが、10公演だとそうはいきません。

といろいろ問題がありますが、やっぱり宝塚歌劇が嫌いになれません。やめようか、とどまろうか、迷っています。
Posted by ひょうたん at 2010年12月20日 21:24
>ひょうたん 様

コメント、ありがとうございます。
レスが遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。

先日、まったく別の場所で「最近『宝塚ファンをやめようと思っている』というメールをよく貰うようになった」と言うような事を、あるOGの方が書かれていました。
私やひょうたん様以外にも、今のあの組織について変化や疑問を感じている人が居るんだな、と思いました。

私も香川県在住です。
地方在住者としてはチケット代だけではなく交通費もあります。
それに時間的な負担も大きいですよね。
それでも前は「行って良かった」と思えたんです。
どんなに早起きしても、どんなに帰るのが遅くなって翌日つらくても、それでも大劇場で過ごす3時間が愛おしかった。

でも、最近、そうじゃないんですよね。


96期問題。
「若気のいたり」とか「ごく一部の子が悪かっただけで他の大部分の生徒は真面目にやってるんだから大問題にしたら可哀そう」とよく言われます。
高校球児の不祥事とか、学校の問題等でもありますよね。

でもね、それをやってると自覚が生まれないと思うんですよ。
自分が自分以外の名誉まで背負ってるんだ、という責任を知ってもらうために、そして今後の生徒やその組織が同じ過ちを犯さない為にも、目に見える形で責任を取るべきだと思うんですよね。

公演数の増加。
公演は大劇場だけじゃないですもんね。
梅芸やDC、全ツ、博多座、中日、バウ…沢山見たいのはやまやまだけど…リピートはきつい。
それに、今の私から見れば増やした公演数に内容が伴ってない気がするんです。
公演を増やして過去に客が沢山はいった公演を再演するのって効率のいい金儲けやん、って思うんですよね。


…長々とごめんなさい。
書いてるうちに熱くなってしまいました(^_^;)


ただ、私もひょうたん様と同じで、やっぱり嫌いになれないんです。
迷いながらも見に行って、目の前であの芝居を見せられると、「役者さんは悪くないよな…」って思ってしまいます。

商業である以上、お金儲けは大事です。
でも、あまりにあからさまだと、見てる方は付き合いきれなくなりますよね。
誠実に芝居をやっているジェンヌさんのご苦労を無駄にしてしまうような、そんな組織運営はしないで欲しいと想います。
Posted by あーる at 2010年12月29日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。