2010年09月30日

ヅカ話つれづれ

久しぶりにタカラヅカの話を徒然なるままに。


【星原先輩退団】

専科の星原美沙緒さんが次の宙組公演で退団されるそうだ。

2003年年末、まだタカラヅカに全く興味が無かったあのころ。
会社の遠足で見に行った宝塚の公演に星原先輩は出ていた。
当時、私がタカラヅカについて知っていることといえば「濃い化粧・オーバーな芝居・キラキラふわふわ」。ちゃんとストーリーがある芝居をやってることすら知らなかった。
そんな状態で見に行って、初めて見る銀橋と同じくらい衝撃を受けたのが星原先輩の存在だった。



宝塚っておじさん(役)も居るんや!!



いや〜あれは本当に驚いた。
私の人生においてのタカラヅカの記憶、その最初の地点に星原先輩は居る。
そしてその後、タカラヅカにのめり込んで行き、要所要所で確実にキメる星原先輩の芝居が大好きになっていった。

今年のお正月のドラマシティ公演「相棒」。
私が見に行った日、偶然お誕生日だった星原先輩はカーテンコールのときにゆう(真飛聖)くんに紹介されて、恥ずかしそうに客席にお辞儀をしていた姿が印象に残ってる。
星原先輩…居なくなっちゃうんだな…寂しいな。

星原先輩の包み込むような温かい空気とお芝居が好きでした。
退団はとても残念だけど、でも、最後の公演のチケットが幾つか取れてよかったです。



【やっと終わった】

こないだの日曜日の夜のこと。
体調悪いのに出かけて、くたくたに疲れて。
でも会社で出来なかった仕事を持ち帰っててそれをどうしてもやらなきゃいけなくて。

仕事は明日の朝までに絶対やらなきゃいけない。
でも、どうしてもしんどい。今はやりたくない。

そこで考えた。


「ユミコ(彩吹さん)のディナーショーのDVD見るのと、仕事するのとどっちがイヤ?」


結果、ユミコのディナーショーを見ました(笑)。
買ってからずっとこの最後のディナーショーだけがまだ見られてなかったんだけど、自分に究極の選択を突きつけて、やっと見ることができた。

幸せそうにしてたね、彼女。
これまでもこれからも、いろいろあったかもしれないし、なかったかもしれない。
でも、あの瞬間はほんとうに幸せだったんだろうな。

水さんが退団して、私の中でまた一つ何かが終わった。
彩吹さんが出演する年明けの公演のチケットが取れた。
ラストのディナーショーも見られた。
やっといろんなことが終わった気がするよ。

あのDVDを見てから、また、彩吹さんの歌が聞けるようになった。
それまではなんとなく避けちゃってて聞いてもあんまり楽しくなかったんだけどね。
最近、また聞くようになった。
「そうそう。この人のこの歌が好きだったんだよ。」って。
ファンだったときの事を思い出した感じ。
この「だった」って言い方もなんか変なんだけど(笑)


あの人の歌が聞きたいなー。
あの人の芝居が見たいなー。



【再演ばんざい】

「愛と青春の宝塚」が再演されるみたいやね。
初演とはメインキャストもアンサンブルも少々変更あり。
大阪は4公演しかない。
いくつ見られるかなぁ。


今回、一番見たい人は美郷真也さんです。
(メインキャストじゃないやーん)
だってぇ。まりえさんの芝居、久しぶりに見たいんやもん。
チケット取れたらいいな。



【不思議なつながり】

樹里咲穂さんのブログで読んだんですが、舞台「ファントム」の稽古が始まったみたいですね。

10年以上前になるかなぁ…「NIGHTHEAD」。
このドラマで目ぇから血ぃ出してて「この人こわっ!」って思った篠井英介さん。
宝塚にハマって何度も何度もDVDを見て、DVDで何度も泣いて。
なのに結局一度も生で芝居を見れなかった樹里咲穂さん。
そしてついこないだまで(っていうか、今でも毎日録画を見続けてる)どっぷりハマってたドラマ「JOKER」に出演していた杏ちゃん。

良く知ってる3人が、良く知ってる作品で共演なんてね。
縁って不思議やなぁ。


そしてこの芝居を私は見られないという縁。
不思議やわまったく(´;ω;`)


posted by あーる at 19:09| Comment(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。