2007年03月28日

嬉しい電話

今日、会社でちょっとした問題が起きた。
直接、ワタシのことではないけれど、まったく他人事とも思えない問題。
その子の気持ちがよくわかるだけに、余計に他人事に思えなくて、
当事者同士のやり取りを聞いていて、辛かった。

人間関係にくたくたに疲れて帰ってきて、ぼーっとテレビを見てたら珍しくケータイが鳴った。
出てみると友人が「パソコンでわからないことがあるので教えてほしい」とのこと。
ちょっとだけお手伝いしたら問題は解決したようで、とても喜んでくれた。


晩御飯を食べてからまたぼーっとテレビを見てたら、今度は別の友人から電話があった。
「星組の…安…んー…何って読むの?この人のお披露目公演の案内を
見つけてんけど、どうする?」って。
宝塚も芝居も全く趣味じゃない友人がね、わざわざ電話してくれた。


どっちの友人も、遠くに住んでいて、しょっちゅう会ってるわけでも、毎日メールしてるわけでもない。
なのに、なんかあったときに頼ってくれたり、「こんなのあったよ」って声かけてくれたりする。
それがすごい嬉しかった。
何も出来ないワタシなんかでも、みんなに気にかけてもらえるんやな、って。


…あかん。何が言いたいのかわからなくなるくらい眠いので、寝ますわ。
あ、念のため言っておきますが、今日はコタツじゃないですよん。

それではおやすみなさい…。


posted by あーる at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。