2014年03月31日

有るか、無いか

私はゆるい性格であります。
自分にもゆるいし、他人にもゆるい。

自分にも甘いから、他人に対してもまた甘いんです。


昨日、友人とメールのやり取りを繰り返しながら、自分の性格についてひとつ気づいたことがある。
それは私が「悪意」ってものに対して感情が揺れるんやな、ってコト。
悪意の有無で私の感情って大きく振れるみたい。

どんな些細なことでも悪意があってやられるならばそれは絶対に許せない。
(↑正義感とか道理とかそういうのではなく、感情的な意味でね)
逆に、ある程度致命的なことでも相手に悪意が無い場合は、分かっててもそれを受け入れてしまうんよね。
「悪気があってやってるわけじゃないから…しゃーない部分もあるんやないのかなぁ」
って。そんな風に思ってしまう。

ホントは悪気が無い方が始末が悪いんやけどね(^_^;)
だって、悪意があって故意にやってるのならその気になればその行為を止めることができるやん。
悪意が無く無意識にやってる場合は治しようがないもんな。

でもなー私がその致命的なことを受け入れるのって「我慢」じゃないねん。
ある程度までならわりとするっと受け入れられるんよね。
周りの人間があきれるくらい、まるで「当たり前のこと」みたいに受け入れてしまうときがある。


私………アホなんやろか?
考えてたらちょっと凹むわ(笑)
posted by あーる at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。