2014年04月22日

言葉と印象

言葉から受ける印象って大きいねぇ。
汚い言葉で書かれた言葉や言われたコトって、内容がどうこう言う前に気持ちが拒否してしまう。
最初に受け取るのが心で、理解して判断するのが頭だとしたら、汚い言葉って心が弾き返しちゃって頭まで届かないから、いくら立派なことを言ってても全然響いてこない。


私も若い頃はひどい言葉を使ってた。
汚い言葉、乱れた言葉を使うのがかっこいいと思ってた。
でも違うんだね。

極端な内容のコトを書いていても、綺麗な言葉で丁寧に書かれた物は心がいったん受け取るから、脳まで届いて内容を理解しようとする。
それが自分の中に無い価値観でも、一度、受け取るんだよね。
だからたとえばそれが100%共感できない内容でも、全部拒絶はしない。
少なくとも私は、数パーセントでも受け入れてる気がする。


自分の中に全くなかった価値観を、数パーセント受け入れるって、すごい大きなことやと思うんよね。



  
これからお客様相手の商売をすることになる(そのつもり)なんだけど、言葉の選び方、使い方ってしっかり考えていかなあかんね。
posted by あーる at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。