2014年05月25日

書く力と読む力

すんごい久しぶりにSeeSaaにログインしたなーって思ったら、5月入ってからまだ一度も書いてなかったのね。
あぁ、一か月以上書いてないから久しぶりなんだ。
そりゃ、毎日書いてたのがひと月書かないと久しぶり感あるわな。


「文字(文章)でのコミュニケーション」って、書く方はもちろん、読む方の技術も必要なんだなって最近思う。
書く力以前に、読み取る力がないと、すれ違いが起きる。
書いてる側の表現力不足が原因で正しく伝わらないことはあるんだけど、書く側の多少の力不足は読む側の読み取る力があれば補えるんじゃないかなって思うんだよね。

書く側も力不足、読む側も力不足。
…これじゃ、当然、起きなくていい摩擦が起きるわな(笑)
「力不足」ってのは本人の努力が足りないって意味じゃない。
単に「慣れ」の問題だと思う。
何年も毎日ブログに記事を上げ続け、ネットにあふれる文章を読み続けてきた人間と、ネットに触れるのは最小限で生きてきた人間とでは、慣れてる度合いが違うのは当たり前やもん。
痛みを消すために打つブロック注射のように、一回でその力を向上させるような特効薬的なものなんてない。
時間をかけて慣れるしかない。


正しく伝わった上で分かり合えないなら、それは仕方ないと思うよ。
でも、微妙にすれ違ったままぶつかり合うのは見てられないから。

だから私は、私にできることをやるよ。
posted by あーる at 09:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ、久しぶりの更新だね!

書く力にも含まれるかもしれないけど、
書くときの、情熱とか気持ちも大切に
なってくるだろうね。

あ、でも、ネットで文章公開する時点で
ある程度の気持ちの部分はクリアしてるの
かな。。。
Posted by fla at 2014年05月25日 14:17
>flaちゃん

コメントありがとー!
ブログ、見てくれてたんやね。
すっかり更新が滞っちゃってるのに…ほんまありがとう。

確かに、書く側の気持ちが乗ってるとき(気持ちが入ってるとき)に書いたものって伝わるものも大きいかもしれんね。
どうしても伝えたいことがある場合とそうでない場合なら、やっぱり違いは出てくると、私も思うよ。

Posted by あーる at 2014年05月28日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。