2014年09月16日

P H A N T O M

phantom:《 意味 》幻影,幻想,映像,化身,心象,幽霊,お化け


さっき、たまたま見たEテレのテレビ番組。
20代の自殺やらひきこもりやらトラウマやらって話をしてた。
そこに出てたこじまけいこって人が喋りだした。

  「自分は摂食障害で過食嘔吐を繰り返していたって過去をずっと話せなかった。
   汚いし、みっともないし、かっこ悪いし。
   でもこの番組に来るようになって話せるようになった。
   話せるようになってからものすごく楽になった。
   多くの人に「実は私も…」って打ち明けられて自分と同じように苦しむ人がこんなにいるんだって思った。」


この人は過去になんかつらいことがあったらしいってのは芸能ニュースの見出しとかで見たことあった気がする。
でも、いつも自信に満ち溢れているように見えるこの人が、こんなに苦しんでいたなんて初めて知って驚いた。
話しながら何度も言葉に詰まって、泣きそうになるのを堪えながら、話してた。


番組の司会者に「今でも『死』を意識することはありますか?」みたいな質問をされたときちょっと強めの口調でこう言った。


     いつもここにいますよ


振り返るように身体を捻って斜め後ろのすぐそこを差した。
「いつもここにいるんです。でも、まぁ死ななくてもいいかなって思っている自分も居て、それでなんとか折り合いをつけているんです。」と。
いつまた「死にたい」って思う自分が出てくるかわかんないんです、って。


すごいリアルな言葉やなーって思った。
リアルすぎて重いわ。
この言葉、共感するひと多いんじゃないかな。

過去に日常的に感じてた負の感情って「亡霊」よね。
一度憑かれるとそんなに簡単に離れてくれない。


あ、ちゃいますよ、私がいま「死にたい」って思ってるわけじゃないですよ(笑)
私はまだまだやりたいことがあるので死にません。
どうぞご心配なきよう(^_^;)

ただね、死までは考えないにしても、怒るとか恨むとか妬むとか、不安とか恐怖とか。
そういうネガティブな感情って、持たないようにしようと思っててもふとした時に出てくる。
どんなに充実して楽しい楽しいって過ごしてても、どんなにポジティブに生きようとしていても、いつもすぐそばにその亡霊は居て、ちょっと心が弱くなってくると目の前に現れるんだよね。


亡霊に憑かれている人ってきっとたくさんいるんだろうね。
亡霊の存在に気付いてない人もたくさんいるんだろうね。
 
 
なんとかこのphantomとうまく付き合っていきたいね。
posted by あーる at 14:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亡霊…

みんなの後ろに確かにいるね

「死」だけじゃなく、
「怒り」だったり、
「切なさ」だったり

どんなに逆らおうとしても
そのネガティブの塊の中に
取り込まれそうになる…

亡霊…

それが自分の後ろにいるって
知っているだけでも強さなんだろうね。

最近

どうやったらその亡霊に打ち勝てるのだろう
って考えてた

逆らえない力にどうやって向かい合おうと。

オードリー若林によると、
ネガティブモンスターに打ち勝つには
何かに「没頭」することなんだって。

確かに。

また、茂木健一郎さんによると、
ネガティブの回路が脳の中にできちゃってるから
その回路は消せないにしても
他のことを考えて他の回路をつなぐようにすれば
嫌な回路は薄らぐ、と

うーん…

消せないものは消せないんだね

世界には楽しいことが沢山あるから
なるべくそちらに目を向ける、
ネガティブ亡霊が現れたら、あ、亡霊だ、って
一段上から自分を眺めて、ネガティブ思考を
すぐやめるようにする



ごめん、なんか

自分が最近染み入ってきたこと

いろんな人から教えてもらったことを
書いてしまった。
Posted by fla at 2014年10月11日 20:27
>flaちゃん
「目を逸らす」のと「他のことに没頭する」のって違うよね。
亡霊の存在から目を逸らして意識的に他の物を見てても、ずっと亡霊の存在からは逃れられない気がする。
flaちゃんが書いてくれたように「一段上から自分を眺める」ってのはすごい大事なことやと思うよ。

客観的に自分のことを見て、亡霊の存在を認めて、向き合っていく。
これを繰り返しているうちにだんだんと強くなれるのかもしれないねー。
Posted by あーる at 2014年10月12日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。