2014年09月19日

今シーズン初!?

昨夜は1時に寝て今朝は5時に起きました。
その間に3回猫に起こされました。

今シーズン初の(たぶん)添い寝です!!
寒くなってきたからお布団に潜り込んできました(o´∀`o)


いい季節になったねー。
posted by あーる at 17:59| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのー

コメントしまくって、ごめん。

ま。

朝早く起きたときには、
こちらなどどうでしょう?

https://www.youtube.com/watch?v=ublLzjZkWQk

私は、この動画にむちゃんこ元気をもらうよ。

また、日本語の使い方が素晴らしい。
Posted by fla at 2014年10月11日 20:34
>flaちゃん
動画見たよー。
でも、今の私には「元気が出る」って感じじゃなかったわ(^_^;)
なんかね、自分が責められてる気がした。
 
自分も愚かな民衆なんじゃないか、気づかないうちに「民意」を振りかざして人を傷つけてるんじゃないか、って。
いろいろと考えさせられたよ。
うん。勉強になった。
 
flaちゃんはこの動画見て、どんなふうに感じた?
もしよかったら、また教えてくださいm(__)m
Posted by あーる at 2014年10月12日 09:22
うわー

見てくれたんだね

ありがとう!



私はどちらかというと、

ドブに落ち込んだ野良犬の方だから、

(いやー卑下してる訳じゃなく、
変な人とよく言われるから。)

「古美門さん、よく言ってくれました。

ありがとう、元気もらいました。」

という感じなのです。

あの。

あれなん。

どっちかいうと、私は

一匹狼、集団の中では浮いており、

巨大化した民意(ちっちゃいグループだけど…)
にさらされているほうだから

そう思うのかな。

真実って、みんながいうことがほんとなの?

ってよく思う。



あの。

こっちの動画も元気もらうよ、私。

https://www.youtube.com/watch?v=xDMzbj21Lio
Posted by fla at 2014年10月12日 14:56
あーるさんが

人を知らない間に傷つけている、とは

全然思わない

そこには

愛情があるよ、いつも。
Posted by fla at 2014年10月12日 15:02
>flaちゃん
ありがと。
そう言ってもらえると救われるわ〜。

でも、やっぱ「愛情」って難しいやん。
一方的な押し付けでは、たとえ相手を思っての行動でも、相手を傷つけてしまう。
暴力と愛情って紙一重やと思うんや。

相手に伝わる愛情。
相手に理解してもらえる愛情。

でも、恩着せがましくなくて、押し付けがましくもない。

…むずかしいな(笑)
私は「愛情」ってものを表現することについて、まだ答えが見つかってない。
一生かかって考えていくことなのかも知れないねー。
Posted by あーる at 2014年10月13日 16:36
しつこいコメント、お許しを。

愛情を理解してもらうって難しい。

確かに、そう思う。

そして。

あーるさんのコメントを見て、最近読んだ本の文章を思い出したので書くね。

「人に好かれる言葉を話すことで大切なのは、じつは、その形ではなく、エネルギーです。たとえ少々乱暴でも、自分と相手に対しての尊敬や愛情や好意や思いやりがあった上での言葉なら、そこには、相手を不快にさせないいいエネルギーが宿ります。」

だとさ。

『やさしすぎるあなたが少しずつ自分を出す練習』より

この本は失恋の、どうしようもないとらわれ感情から離れるため、気を紛らわせたくて本屋で見つけた本。

私には、当たりの本。

とっても好き。

あるね、本との出会いって。
Posted by fla at 2014年10月13日 22:28
>flaちゃん

「相手を思いやっての行動ならば、多少乱暴でも相手に不快感は与えない」
 
 
…だったらいいなぁって思うね(^_^;)
私はその考えに半分賛成、半分反対です。
 
これをね、受け取る側が言うのならいいと思う。
例えば厳しい言葉で助言された人が「あの人からもらった言葉は厳しいけど、私のことを心底思って言ってくれてるんだから悪い気はしないなぁ。」って
考えるのなら、「多少乱暴な言い方」も肯定はできる。
 
でも、これを発する側が言うのはダメやと思うんや。
「これはあんたのことを思って言ってるんだよ。厳しい言葉やし、辛いかもしれんけど、傷つくかもしれんけど、あんたのことを心底思ってるんだよ。」って。
…そんなん、傷つけてるだけやん(笑)
 
相手を思っていようが、正しいことだろうが、「言いたいことを言うてるだけ」ならそれは自分のために言うてるに過ぎんと思うんよね。
「乱暴な言い方も相手のことを思っての行動なら不快な気持ちにさせない」と発信者側が思ってしまったら、相手の気持ちを考える余地がなくなると思うねん。
 
どんなことをするときにでも、自分が居て、相手も居て、第三者も居る。
その意識は絶対に無くしたらダメやと思う。

偉そうに書いたけど…私もまだまだ勉強中・修行中の身でござる(笑)
Posted by あーる at 2014年10月17日 18:16
そうか。

伝わらん可能性もあるかぁ。

私は、今までは、めったに、なにも言わない派。

相手を変えることはできない、それよりも自分を変える方が100倍楽。が好きな言葉だから。

もし言うとなると、相手を不快にさせないような言葉を選んで、選んで言うような感じかな。

相手にプラスになるようなことをほのめかすなど。

このことに、さっきの引用文の言葉を付け足してはどうかな。

だめかな。無理かな。
Posted by fla at 2014年10月17日 21:26
>flaちゃん
自分のパソコンをマンションに持って行ってしまったからなかなかじっくりコメント書けなくて。
…遅くなってごめんよ(^_^;)
 
時間を置いて引用文を読んでみて、最初に見た時と印象が変わりました。
私が言ってることが論点、ずれてたね。
 
どうズレてたか、は、ここで書くとまた長くなるからやめときます。
もう記事自体から離れてしまってるから。
 
ただ、引用してくれた文章に関して言えば、今は賛成です。
全く関係性のない人に「あんた、あほやなぁ」って言われるのと、親しい人に「あんた、あほやなぁ」って言われるのは、全然違うもんね。
同じ言葉でも「好意」が込められているかどうかで、言葉の持つエネルギーは変わってくるね。
Posted by あーる at 2014年10月30日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。