2005年10月25日

やっぱり寂しい

宙組主演男役の和央ようかさんが7月の東京公演で退団することが発表になった。

ひっそりと別カテゴリを作っていた「ショック速報」。
多分、次にこのカテゴリを使うのはこの人だろうな〜と思ってたので、
いつになく冷静な「ショック速報」だね。自分でもびっくりだ。


退社のタイムカードを押して車のエンジンを暖める間にケータイの宝塚サイトを見て
そのことを知った。「心の準備が出来ている」とこんなにも違うものなんだな、って
呆れるほどに冷静に第一報を受け入れた。

「あー。そっかー。やっぱなー。」

って。

すぐにケータイでショック速報をアップして、そのままぼーっと
何分間か夜を眺めながら時間を過ごした。
そしてエンジンがいい具合に温まった頃帰り道についた。

車の中でたかこ(和央ようか)さんの歌を聞いてるとねぇ・・・
前の車のテールランプが滲んで見えたねぇ…。
わかっていたこととはいえやっぱり寂しいよ。うん。
「もうこの人の男役が見れないのか…。」って思ったらすごーく寂しくなった。


あかんわ。この人には思い入れがありすぎて、言葉が浮かんでこない。
やみくもに「つらい」って言うんじゃ無くてね、もっとね、なんだか複雑な気分だ。




posted by あーる at 19:31| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。