2005年10月31日

備え有れば憂い無し

今まで、退団が発表になって何日経っても、いつまでも受け入れられなかった役者さんは
たくさん居るのに、たかこ(和央ようか)さんの退団は自分でもびっくりするほど
受け入れられてる。やっぱ「心の準備」ってすごいねぇ。

芝居の予定が発表になるたびに「次こそ最後かも・・・」と思ってたし、
こないだの「炎に口づけを」もそのつもりで見に行ったし。
「これでたかこさんの歌を生で聞くのは最後になるのかな。」なんて思って見てきたから、
覚悟は出来てたんだね、きっと。

今でもたかこさんの歌を聞くとウルッと来るし退団はめっちゃ寂しい。
でも単純に「寂しい」とか「悲しい」とかじゃなくて、もっと前向きな気分やねん。

たかこさんだったら歌も芝居も超一流やし、めっちゃ可愛いし、綺麗やし。
そやからどんな世界でも活躍できると思うねんな。
だから、退団後の活動も実はちょっと楽しみ。

今まで、いろんなことの「終わり」を受け入れることが出来なくて
大好きなバンドの解散ライブとか、大好きな役者さんの退団DVDとかは、
見ずに避けてきたけど、この人の終わりはちゃんと見届けようって思う。

来年7月の退団まであと8ヶ月。
いままで以上にしっかりと、彼女の姿を焼き付けるよ。


posted by あーる at 19:12| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚歌劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。