2011年06月09日

ロックの日

今日は6月9日だー!
ロックの日だー!!


あと、レス・ポールさんのお誕生日だそうです。


全くの個人的な好みなんですが、レスポールがこの世の中で一番美しいエレキギターだと思ってます。
レスポールカスタムのソープバーが2個乗っかってるやつ。
ビジュアル的にはあれが一番好きー。
うふー。


と、いうことで、レス・ポールさん、お誕生日おめでとうございます。
posted by あーる at 20:41| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

ショッキングピンクのテンションで行こう

2009年5月2日。
忌野清志郎という男がこの世を去った。

1998年5月2日。
hideという男がこの世を去った。


いつもGWが近づくとちょっと切なくなるのはこの二人のせいだ。
毎日毎日このおっさんたちのことを考えているわけでもないのにこの時期になると寂しくなるのは、私の勝手な感傷にすぎないんだろうけれど。

今朝も通勤の車の中で久しぶりにキヨシローの曲を聞きながら寂しくなった。
二人とも死ぬには早すぎたよなぁ。


でも、曲を聞きながら「いつまでもうじうじするのはこの人たちには似合わない」って思った。
だからもう、テンション上げていこうって思った。



明日は高松で吉井和哉のライブだ。
大っ好きな音楽に身を委ねてきます♪
posted by あーる at 20:27| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

再会の歌

夢の中で会社の人と喧嘩をしていた。
「上等やん。表出ろ!こんな会社・・・辞めてやるわ!」
そう言い捨てた後、あぁ、やっと言えた、これで平日ドライブも、ずっと行きたいと思ってた沖縄旅行にも行けるわ〜〜〜♪
…って思ったところで目が覚めた。

そんな仕事始めの朝でした。
ちなみに、年が明けてから初めて見た夢、つまりこれが私の初夢(っていうのか?)。

どんだけ会社行きたくないんだよ私www

***
こないだのカウントダウンライブから帰ってきてLUNA SEAの曲を聞いてない。
LUNA SEAだけじゃなくて、音楽らしい音楽は他のものも全然聴いてない。
何か他の情報を入れるとライブのあの感触が薄れてしまう気がして聴けなかった。

そして、今朝、通勤の車の中でライブ後初めて聴いた。
「UP TO YOU」ライブ1曲目の曲だ。
そしたら、もう5日も経っているというのにあの光景が目に浮かんだ。
あいつらがどんな想いでこの曲を1曲目に持ってきたんだろう…。
そんなことを思いながらRYUの声を聞いていたら、言葉の意味をかみ締めていたら、朝っぱらから涙が出てきた。


通勤の車の中で曲を聞きながら泣く怪しいおばさんと化してましたw


この「UP TO YOU」という曲はライブのラストにやってが印象が強い曲なんだよね。
だから、私にとっては別れとか、終わりとか、そういう寂しいイメージがあった。

でも、もうそうじゃない。


再会の曲、これからの曲、だよね。


posted by あーる at 20:50| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

BROKEN

古い仲間にライブに誘われた。

そいつらのライブは10年ぶりだ。
活動をやめてからすっかり曲を聴かなくなっていたからね。
ライブに向けて久しぶりにアルバムを聞き直してみた。

さすがに一番はまった時期に聞いたアルバムは10年ぶりでもしっかり覚えてるのな。
STYLE、MOTHER、EDEN、IMAGE、LUNA SEA。
歌詞はうろ覚えでも曲はなんとなく出てくるし、曲を聴けばそれにつられて記憶も蘇る。

ところがどっこい。
最後の2枚のアルバムがねぇ…自分で思った以上に覚えてなかったんだよ。
LUNACYはね、覚えてないだろうなっていう自覚はあったの。
聞いた期間が一番短かったから。
だから案の定、聞く曲聞く曲、新曲みたいだった(笑)。

でもSHINEはもっと覚えてると思ってたんだけどなー。
私がリアルタイムで聞いたアルバムがこれだったし、ツアーにもガンガン行ってたし。
もっとちゃんと覚えてると思った。
でも「あれ?こんな曲ありましたっけ?」ってのが意外に多くてね。
びっくりした。

CDも後半に入った辺りだったかな。
前奏を聞いてどんな曲だったかは覚えてないんだけど、確かめっちゃ思い入れあったよなぁこの曲…というのが鳴り始めた。



曲だったっけなぁ。
歌詞だったっけなぁ。
なんかエピソードがあったっけなぁ。



ある程度、曲がすすんでもイマイチちゃんと思い出さない。
文字通り「記憶の糸を手繰る」ように、曲に合わせて少しずつ思い出しながら聞いた。
それがねぇまた青い歌詞(ちなみに歌詞はこちら)なんだよ、恥ずかしくなるくらい(笑)。


当時、どんな想いでこの歌詞を聴いてたんだろう。
何を思ってこの曲を何度も聴いてたんだろう。


いくら思い出そうとしてもその時の具体的な記憶が出てこない。
いわゆる「甘酸っぱい」っていうの?(笑)
そういう漠然とした懐かしい気持ちとちょっと照れ臭い気持ちのまんま聞き続けた。
そして…最後の言葉を聞いて不意に涙が出た。



ニセモノの 優しさを振り翳すより  今 心の剣を抜こう



「剣」って他者を傷つけるためのものやん。
時に自分であったり、他人であったり、物であったり。
だから「剣を抜く」ことが正しいことなのかどうかわかんない。
でもこのところずっともやもやしてる自分には、この言葉が剣のように刺さった。


今年はある意味で私にとって特別な一年だったと思う。
転機というか…いろいろ考えた一年だった。
正直、今もそのもやもやから抜け出せてない気がする。

そんな今年を締めくくる最後の、そして新たな年を迎える最初のイベントがこいつらのLIVEだというのは、何か特別な意味があるのかもしれないな。
posted by あーる at 17:40| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

なんか元気が出る音だ

主にカバー曲をやってるっぽい人たちのアルバム。
この人たちの存在を全く知らずに、音だけ店で聞いて思わず買ってしまった。
久しぶりに聞いたスカッと元気が出る音だ。


今まで全然聞いた事ないけど、この人たちって有名なのかな?
この企画モノっていつか話題になったりしたんだろうか???
ワタシ的にはすんごい面白いんだけどなぁ。








みなさんどうですか?


posted by あーる at 18:33| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

…らしいぞ(笑)

復活か? LUNA SEA、満月の夜に“再起動”発表(Yahoo!JAPANニュース)


再起動ってことはあれか。
フリーズしちゃってどうしようもなかったから、一旦電源落としてもう一回、起こし直した。
みたいな。
…Windowsじゃないんだから「再起動」はおかしくないか?(笑)


昔みたいに「かかってこーい!」みたいな感じではありませんが、liveがあるんなら行ってみたいなと思う今日この頃。
やるんなら遠征できる日程でやってくださいよー。


posted by あーる at 06:21| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

残念だ。

スリップノットのポール・グレイ、遺体で発見される


昔ほど聞いてるわけじゃない。
でも、好きなバンドだ。
昔、ライブに行って、たまげたバンドだ。
今でもこいつ等のことを考えるとワクワクする。
そんな奴らだ。



実に残念だ。
posted by あーる at 20:36| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

忘れてない

日付は変わっちゃったけど、忘れてたわけじゃない。
hide兄のことも清志郎のことも。

あの日から何年経っても、5月2日はやっぱり特別な日だ。


posted by あーる at 00:39| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM (DISC1)

先日の記事で書いたモンキーのトリビュートアルバムが面白かったので、少しだけ感想などを書いてみました。


このアルバムに参加しているアーティストを私はほとんど知らない。
音楽として知ってるのは民生とフラワーカンパニーズくらいかな。
あとTRICERATOPSは「なんとなく知ってるかな〜」くらい。
それ以外には「名前を聞いたことがある」って程度のアーティストがあと数組。
若い人か年取ってる人なのかもよくわかんない、どんなジャンルの音楽をやってる人なのかも知らない、という状態で聴いた上での感想でございます。



「感想」というよりも現時点での「印象」かな。
そんな極端なことを書いてるつもりはありませんが、人それぞれで色んな感じ方があるからね。

読まれる方によっては不愉快な思いをするかも知れませんし、これから聴かれる方は私の感想を読んで先入観を持ってしまうかもしれません。

続きは畳んでおきますので読まれる方はご注意下さい。


まずはDISC 1。
DISC 2の感想を書くかどうかは私の気まぐれまかせ、ということで。



では、いきます。





続きを読む
posted by あーる at 12:04| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

ぎらぎらしないでラブラブしよう

This is for you.jpg

THIS IS FOR YOU
   〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM



去年「THE YELLOW MONKEY」というバンドが結成20周年を迎えました。
…とはいってもバンド自体は解散してんだけど。


でね、まぁ、いろんな商品がリリースされたんですが、その中の一つがこれ。
いわゆる一つのトリビュートアルバム。


若い頃は「トリビュートアルバム」って嫌いでねぇ。
「なんであいつがあの曲やるんだよ!!!」って怒りまくってた。
今思えばなんであんなに怒ってたのかわかんないんだけど。


このアルバム、昨日手に入れて今日DISC1を聞いたんですが、めちゃくちゃ面白かったんです。


その曲をトリビュートアルバムに入れちゃうの?!


とか、


その曲でそう来ましたか!!!


みたいな。

民生がLOVE LOVE SHOWをやってんだけど、全然ぎらぎらしてないのが面白い。
吉井がやるとあんなにガツガツぎらぎらした感じになるのにねぇ(笑)。
ゆるいのにちょっと不良っぽくてワルっぽいのがかっこいい。

民生ずるいー。


まだDISC1しか聞いてないのでDISC2を聞くのが楽しみであります。
posted by あーる at 20:29| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

え、脱退?

ジョン・フルシアンテが脱退を発表(exciteニュース)


マジで?!
全然知らんかったですよ。


ジョン君抜けちゃったらまた曲の感じ変わっちゃうねー。
posted by あーる at 19:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

さらば 愛しき者よ

加藤和彦さん、死去


昨日の昼、携帯のニュースで見て、一瞬、目を疑った。


昔、THE ALFEEにハマっていた頃。
坂崎さんと、加藤さんと、北山さんで出したアルバム「戦争と平和」に収録されていた「感謝」って歌が好きだった。
自分の最期がどうなるかなんてまだ想像できないけど、この歌のように穏やかに迎えられたらどんなにいいだろう、って思いながら聞いてた。


この曲をこんな気持ちで聞く日が来るとは思わなかったよ。
悲しいです。

posted by あーる at 08:48| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

The Birthday

7月25日の山崎さんのブログで知った。


チバが「今日のライブは、俺たちの大親友だったアベフトシに捧げます」って言ったんだって。


かっこいいな。
こいつら。
posted by あーる at 19:14| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

勇気なんて一瞬 あとはなるようになるさ

歌手の川村カオリさん死去、乳がんで闘病



人間ってあっけなく死ぬんやなぁ。





BANBITA.jpg

10年以上も前に買ったアルバム。
結局、手放せずに今でも手元に残ってた。


「勇気なんて一瞬 あとはなるようになるさ」


アルバムの中にある曲のこのフレーズに随分助けられた。
もちろん、今でもこの一言に背中を押してもらってる。




ありがとう
お疲れ様

どうぞ安らかに眠ってください
posted by あーる at 19:32| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

明日の風は俺に 吹いてるのだろうか

昨日、会社飲み会に行く道すがら。
年上の後輩に何の気なしに言ってみた。


好きなギタリストが亡くなって、実は今週、しんどかってん。


するとこんな答えが返ってきた。
「えっと…あ、それ、なんか聞きましたよ。
えっと…み…みっしぇ…みっしぇるがんえれふぁんす!



惜しいっ!惜しいよDっちゃん!!


続きを読む
posted by あーる at 23:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

うそやろ…

元ミッシェルのギター、アベフトシさん急死


アベが死んだ?



意味わかんない。
なんだよそれ…。
posted by あーる at 18:46| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

繋がってく

美容院で髪を切っていたときのお話。
いつもシャンプーをしてくれる男の子と音楽の話になった。


***
「僕ね、最近、ビジュアル系にハマってるンっすよ。」

へぇ。どんなの?(…って聞いても多分わからんだろうけど)

「最近っつっても、新しいのじゃないんですけどね。」

たとえば?

「hideとか。Xとか。かっこいいっすよね。」

えっ!!!マジで?そんなの聞いてんの???
私、かなり昔、ルナシーにめっちゃハマっててん!!!


「…ん???」

…ん???


***
ちなみにその青年。多分今年二十歳。
Youtubeで昔の音楽の映像を見たり聞いたりして楽しんでるんだって。
彼の中で「X」と「hide」のつながりは知ってたみたいなんだけど、このタイミングで何故ルナシーの話題が出てきたのかは解らなかったみたいで。
なんかきょとんとしてた(笑)。


るなちーとえっくすはインディーズでCD出したレーベルが一緒でねー、その後もずっとメンバー同士が仲良かったりしてねー…って話したら「そんなつながりがあったんですね!」ってびっくりしてた。
最近活動を再開したX JAPANに加入したのがLUNA SEAのギタリストなんだよ、って話すと「あっ!その話、僕知ってます!!!」って目ぇきらきらさせちゃって。
私もこんな話するのが久しぶりだったから嬉しくなって、「X」やら、「るなちー」やら、「ぐれい」やら、「くろゆめ」やら、あの辺りの話で盛り上がった。



hide兄の音楽が次の世代に繋がってるのを目の当たりにした。



清志郎の音楽も、MJの音楽も、こうやって次に繋がっていくんだろうね。
posted by あーる at 18:42| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

音楽に生かされている

5月3日。
劇団☆新感線の芝居を見に行った。
とっても切ない作品だった。
結局、「みんな死ぬ」以外に落ち着く場所が無いような、そんな作品。


で、その芝居のあと、こんなことがありました。

『蜉蝣峠』公式ブログ
「アワブロ20☆公演終了記念!罰ゲーム[その2]」



簡単に説明すると、芝居の内容と全く関係ない「罰ゲーム」が開催されたんです。
前回の作品「五右衛門ロック」の主題歌を、その作品に出演もしてない人が歌わされる、という羞恥プレイ。


それがね、ものすごい楽しかったんですよ。
芝居みて、その雰囲気引きずってどんよりした気分だったのに、五右衛門ロックのあの前奏が流れただけでアドレナリン大放出。
拳を上げて低い声で「うおぉぉぉぉぉ!」って叫んでた。

あの曲ですよ。あの歌ですよ。
じっとしていられるわけ無いじゃないですか。
バスドラがドコドコいってるんですよ。
ベースがブンブン鳴って、ギターがガッガッガッて刻んでるんですよ。
これで動くなって方が酷でしょう。
そりゃ頭も振りますよ。拳も上げますよ。一緒に歌いますよ。
曲や前作を知らない人がきょとんとしてても、そんなの無視して騒ぎますよ。


1曲だけだったけどね、めちゃくちゃ気持ちよかった。


帰り道でね、芝居を見ただけなのにヒリヒリとした喉の痛みを感じながら思ったんです。
やっぱ音楽に生かされてるなーって。


生きてんのかそうじゃないのかわかんないようなぼんやりした時間の過ごし方をしてきて、あるとき「音楽」ってモノに出会って。
そこから人生が大きく動き出して。
音楽にどっぷり浸かったり、ちょっと離れたりしながら、でも結局はいつも近くにあって。

今も音楽に触れているよりは芝居を見てる時間の方が長いよ。
でも、楽器は大好きだし、音楽をやってる人は大好きだし、どんなジャンルの音楽でも触れるとワクワクするし。


芝居を見に行った日の朝、悲しいニュースを知って心に穴が開いたような気分だった。
でもね、そんな気分の時でも、罰ゲームで1曲聴いて、それがとっても楽しかった。
「『音楽』に生かされてるなー」って実感したんですよね。

今までも、今も、これからも。
きっと音楽に生かされていくんだろうね。









ってさ、呑んで書いた割にはちゃんと書けてるんじゃない?
麦酒うめー。



ちなみに、五右衛門ロックってこれ。


posted by あーる at 18:56| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

カーラジオからスローバラード

いつもなら見てても見てなくても必ずTVが点いてるのに、今日点ける気にならないのは、ニュースとかそういうのを見たくないからなのかもしれない。
偉そうな事書いたって、やっぱり寂しいもの。
追悼、とか、告別、とか、哀悼、とか。
あの人に対するそういう言葉を見るのは、まだちょっと辛い。


あの日からちょうど一週間が経った。
「先週の今ごろは…」なんて今は考えたりしてて、そのうち「先月の今日だったのか」って思うようになって、「去年の今日だったんだね」なんて思うようになって。
そうやって時間が過ぎていくんだろうね。
hide兄のときがそうだったよなー、ってぼんやり思い出した。


***
どこかのニュースサイトで「病には勝てなかった…」って書かれてた。
でもさ、負けてないよね、清志郎。

あれは勝ち逃げだ。


***
あの日以来、ずっとコメントを出してなかった吉井和哉氏が、5月6日に自分のサイトにコメントを出してた。
文章も言葉も穏やかで淡々とした印象のコメントだった。
ファンに「頑張ろうぜイェー」なんていいながら、ヨシイ自身に言い聞かせてるような気がして、余計にぐっと来た。
ちゃんと受け止めてるみたいで安心したよ。


***
失う辛さを知ると自分を大事にするようになるよね。
悲しい想いを経験すると「周りの人を悲しませちゃいけない」って思うようになったもん。
「周りの人を大切に想う」っていうのは、結局自分のことも大切にすることなんだ、ってあの頃知った。

大切な人にこんな悲しい想いをさせちゃダメなんだよね。


***
ヒロトの挨拶がいい感じ。
ほんとに可愛いよなこの人たちは。

清志郎もヒロトも大好きだー。

<忌野清志郎さん>「またね」「ありがとう」 竹中直人さん、大竹しのぶさんらが弔辞
posted by あーる at 21:34| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

大切にするよ

「ハレー彗星」って言われてすぐに頭に浮かぶ人ってどれくらいいるんだろ。
76年に一度の周期で地球に大接近するとかで前回の接近のときは大騒ぎだったんだけど。

ハレー彗星が見られるのは76年に一度かも知れんけど、もっと長い周期で地球に接近してる星は沢山あるはずやん。
そしたら、ハレー彗星以外にも今しか見られない星っていうのはいっぱい有るわけやん。


ワタシは、今、見ることの出来る星の輝きを、しっかりと心に留めたい。


***


昔。ずっと昔のこと。


何でジョンレノンは死んじゃったんだよ!って思った頃があった。
Beatlesが旋風を巻き起こした時代に、何でワタシは居なかったんだろうって。
めちゃくちゃ悔しかった時期があった。


あの頃から数年経った。


この間に、解散したり、変わっちゃったり、死んじゃったり。
いくらか経験した。
そしてその感覚も変わってきた。

あの頃にしか居なかったヤツらも居る。
でも、今、同じ時代を生きてるヤツらも居るわけで。
それならばBeatlesと同じ時代を生きられなかったことを悔しがるよりも、今、同じ時代を生きてるヤツらとの時間を大切にしていこうって思うようになった。


ジョンが生きた時代をワタシは知らない。
でも、hide兄が正月の新聞にでっかい広告出したことや、マリスでkami君がドラムを叩いてたことは知ってる。

こいつらと同じ時代を生きられてほんとうに幸せだと思う。
戻れない過去のことを想いながらも、今、同じ時代を生きているヤツらとの時間を大切にしていきたいって、心底思う。


***


今日、新しいテレビとかを繋いだから、午後からはずっとぼんやりテレビを見てた。
ワイドショーでもニュースでも清志郎のことを言ってた。
ピンクの枠のついた遺影と、「忌野清志郎」って書かれた位牌を見たとき「このオヤジすげぇ」って思った。
位牌に「忌野」だよ。かっこよすぎるやん。



今、あんたと同じ時代を生きられて良かったよ。


posted by あーる at 19:06| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。